エレミヤ書 19:1‐15

  • エレミヤは土器の瓶を砕くように言われる1‐15

    • 子供がバアルに捧げられた5

19  エホバはこう言った。「行って,陶芸家+から土器の瓶を買いなさい。民の長老と祭司の長老を何人か連れて,  『陶片の門』の入り口に面した,ヒンノムの子の谷+に行きなさい。そこで,私があなたに話す言葉を語るように。  こう言いなさい。『ユダの王たちとエルサレムの住民たち,エホバの言葉を聞きなさい。イスラエルの神,大軍を率いるエホバはこう言っている。 「私はこの場所に災いをもたらそうとしており,それについて聞く人は衝撃を受ける*  彼らが私を捨て+,ここを変わり果てた場所にしたからである+。ここで,自分たちも父祖たちもユダの王たちも知らなかった神々に犠牲を捧げており,この場所を罪のない人たちの血で満たした+  彼らはバアルのための高い場所を築き,子供を火で焼いてバアルへの全焼の捧げ物とした+。そのようなことを私は命じたことも語ったこともなく,考えた*こともない+」』。  『エホバはこう宣言する。「それで,この場所がもはやトフェトとかヒンノムの子の谷とではなく,殺りくの谷と呼ばれるようになる時が来る+  私はこの場所でユダとエルサレムの計画を阻み,彼らを敵の前で剣によって倒れさせ,彼らの命を奪おうとしている者たちの手に渡す。そして,彼らの死体を鳥や野獣に食べさせる+  私は,この都市を見る人々が恐怖を感じ,そこに向かって口笛を吹くようにする。通り掛かる人は一人残らず恐怖を抱いて見つめ,もたらされた全ての災厄のために口笛を吹く+  私は彼らに息子や娘の肉を食べさせる。彼らは敵に包囲され,彼らの命を奪おうとしている者たちに囲まれて死に物狂いになり,それぞれ仲間の肉を食べる+」』。 10  あなたと一緒に行く人たちの目の前で瓶を砕き, 11  彼らに言いなさい。『大軍を率いるエホバはこう言っている。「陶芸家の器が砕かれて二度と修復できなくなるように,私はこの民と都市を砕く。彼らはトフェトに死者を葬り続け,葬る場所がなくなる+」』。 12  エホバはこう宣言する。『私はこの場所と住民に対してそのようにし,この都市をトフェトのようにする。 13  エルサレムの家々とユダの王たちの家々は,トフェトのように汚れた所となる+。彼らは家の屋上で天の全ての星*に犠牲を捧げ+,家でほかの神々のために飲み物の捧げ物を注いだからだ+』」。 14  エレミヤは,エホバに遣わされて行ったトフェトで預言し,戻ってくると,エホバの家の庭に立ち,民全てにこう言った。 15  「イスラエルの神,大軍を率いるエホバはこう言っています。『私はこの都市と周囲の全ての町に,私が告げた災いをことごとくもたらす。彼らが私の言葉に従うことをかたくなに拒んだからである+』」。

脚注

直訳,「耳が鳴る」。
または,「心に思った」。
直訳,「天の全軍」。