エフェソスのクリスチャンへの手紙 6:1‐24

  • 子供と親への助言1‐4

  • 奴隷と主人への助言5‐9

  • 神からの武具を全て身に着ける10‐20

  • 結びのあいさつ21‐24

6  子供は,主に喜ばれるよう*親に従ってください+。そうするのは正しいことです。  「父と母を敬いなさい+」とあり,これは約束を伴う最初の命令です。  「そうすれば物事はうまくいき*,地上で長く生きられる」という約束です。  父親は,子供をいら立たせないようにし+,エホバ*が望む指導+と助言*によって育ててください+  奴隷である人は,自分の主人に従ってください+。畏れと敬意を抱きつつ,誠実な心で,キリストに従うのと同じように従うのです。  単に人を喜ばせようとして,人目がある時にだけ従うのではありません+。キリストの奴隷として,自分の全てを尽くして神の望むことを行いつつ,従いましょう+  進んで一生懸命に仕えてください。人ではなくエホバ*に仕えるように働くのです+  皆さんも知っている通り,奴隷であれ自由民であれ,何か善いことをするなら,エホバ*も善いことをしてくださいます+  主人である人も,同じように奴隷に接してください。奴隷を脅しつけたりしてはなりません。ご存じの通り,皆さんにとっても奴隷にとっても主人である方が天にいます+。その方は不公平ではありません。 10  最後に,これからも主によって,また主の強い力によって強くなっていってください+ 11  悪魔の策略*にしっかり立ち向かえるように,神からの武具を全て身に着けましょう+ 12  私たちは戦って*いるからです+。人間とではなく,政府や権威,この闇の世の支配者たち,天にいる邪悪な天使の勢力+と戦っています。 13  それで,神からの武具を全て身に着けなければなりません+。そのようにして全ての準備を整えるなら,悪い時代の中で身を守ることができ,しっかり立てます。 14  ですから,しっかり立つため,真理のベルトを腰に巻き+,正義の胸当てを着け+ 15  平和の良い知らせを伝える用意として履物を履いて*ください+ 16  加えて,信仰の大盾を持ってください+。それによって邪悪な者*の火矢を全て消すことができます+ 17  また,救いのかぶとをかぶり+,聖なる力の剣つまり神の言葉を手に取ってください+ 18  あらゆる種類の祈り+と祈願を捧げ,どんな時も聖なる力に導かれつつ祈りましょう+。祈ることを常に意識し*,いつも聖なる人たち全てのために祈願を捧げましょう。 19  私のためにも祈ってください。私が口を開くときに適切な言葉が出てくるように祈っていただければ,私は良い知らせの神聖な秘密を大胆に語って人々に知らせることができます+ 20  私は良い知らせを広める大使であり+,今は鎖につながれています。良い知らせについて大胆に語れるように祈ってください。私は大胆に語らなければならないのです。 21  私のことや私がどうしているかについて,私の愛する兄弟テキコ+が皆さんに知らせます。テキコは主に従う忠実な奉仕者です+ 22  私がテキコを遣わすことによって,皆さんは私たちがどうしているかを知り,心を慰めてもらえるでしょう。 23  兄弟たちが,父である神と,主イエス・キリストから平和を与えられ,信仰の伴った愛を抱けますように。 24  私たちの主イエス・キリストをいつまでも愛し続ける人が皆,惜しみない親切を受けますように。

脚注

または,「主と結ばれている」。
または,「そうすれば成功し」。
付録A5参照。
または,「エホバの考えを入れること」。
付録A5参照。
付録A5参照。
または,「ずる賢い行為」。
直訳,「格闘をして」。
または,「足に装備を着けて」。
サタンのこと。
または,「祈りのために目を覚ましていて」。