エフェソスのクリスチャンへの手紙 5:1‐33

  • 言葉と行いの面で清くある1‐5

  • 光の子供として歩む6‐14

  • 聖なる力に満たされる15‐20

    • 時間を有効に使う16

  • 夫と妻への助言21‐33

5  皆さんは子供として神に愛されているのですから,神に倣ってください+  愛を抱いて歩んでいきましょう+。キリストも私たち*を愛し+,自分を神への犠牲,甘い香りのする捧げ物として,私たち*のために差し出してくださったのです+  性的不道徳*や,あらゆる汚れや貪欲については,皆さんの間で口に上ることさえあってはなりません+。聖なる人として正しく振る舞うためです+  恥ずべき行い,愚かな話,下品な*冗談なども+,聖なる人にふさわしくありません。代わりに,感謝を表しましょう+  皆さんは次のことを知っていて十分に理解しているはずです。性的に不道徳な人*+,汚れた人,貪欲な人+は,偶像崇拝者であり,キリストと神との王国に関連したどんな財産も受けることはありません+  口先だけの言葉にだまされないでください。こうした事柄のために,神は不従順な人たちに憤りを表そうとしています。  ですから,そういう人たちと関わりを持ってはなりません。  皆さんはかつて闇でしたが,今は主と結ばれて光となっています+。光の子供として歩んでください。  光はあらゆる善いことと正しいことと真実なことを生み出します+ 10  何をするにしても,主に受け入れられることかどうかを確かめましょう+ 11  何も生み出さない闇の行いに関わるのをやめ+,そうした行いを暴いてください。 12  彼らがひそかに行っているのは,口にするのもはばかられる事柄です。 13  暴かれる*事柄は皆,光によって明らかにされます。明らかにされる事柄は全て光なのです。 14  こう述べられています。「眠っている人よ,目を覚まし,生き返りなさい+。キリストがあなたを照らす+」。 15  それで,自分の歩み方をしっかり見守りましょう。賢くない人ではなく賢い人のように歩み, 16  時間を有効に使って*ください+。今は悪い時代だからです。 17  もう無分別なことをしてはなりません。いつでも,エホバ*が何を望んでいるかを見極めましょう+ 18  また,酒に酔ってはなりません+。堕落*につながるからです。いつも聖なる力に満たされていましょう。 19  詩や神への賛美の歌や崇拝の歌によって励まし合い*,心から*音楽に合わせて+エホバ*に向かって+歌いましょう+ 20  私たちの主イエス・キリストの名によって,常にどんなことについても,私たちの父である神に+感謝しましょう+ 21  キリストへの畏れを抱いて,従い合ってください+ 22  妻は,主に従うのと同じように夫に従ってください+ 23  夫は妻の頭だからです+。キリストが会衆という体の頭であるのと同様です+。キリストは会衆の救い主でもあります。 24  会衆がキリストに従っているのと同じように,妻も全ての面で夫に従うべきです。 25  夫は,キリストが会衆を愛したのと同じように,妻を愛し続けてください+。キリストは会衆のために自分を差し出しました+ 26  それは,会衆を神聖なものとし,神の言葉という水で洗って清めるためであり+ 27  そのようにして会衆を自分のために美しく整え,汚点やしわや傷の全くない聖なるものとするためでした+ 28  同様に,夫は自分の体を愛するように妻を愛するべきです。妻を愛する人は自分を愛しているのです。 29  誰も自分の体を憎んだりはせず,養って大切にします。キリストも会衆を養って大切にします。 30  私たちがキリストの体を構成しているからです+ 31  「それで,男は父と母から離れて妻にしっかり付き*,2人は一体となります+」。 32  この神聖な秘密+は奥深いものです。私はキリストと会衆について述べています+ 33  ともかく,夫の皆さんはそれぞれ,自分を愛するように妻を愛さなければなりません+。一方,妻は夫を深く敬うべきです+

脚注

もしかすると,「皆さん」。
もしかすると,「皆さん」。
ギリシャ語,ポルネイア。用語集参照。
または,「みだらな」。
用語集の「性的不道徳」参照。
または,「戒められる」。
または,「良い時を買い取って」。
付録A5参照。
または,「放蕩」。
もしかすると,「自分を励まし」。
または,「心の中で」。
付録A5参照。
または,「妻とずっと一緒にいて」。