エゼキエル書 39:1‐29

  • ゴグとその兵は滅びる1‐10

  • ハモン・ゴグの谷に葬られる11‐20

  • イスラエルの復興21‐29

    • イスラエルに神の聖なる力が注がれる29

39  人の子よ,ゴグに対して預言しなさい+。『主権者である主エホバはこう言っている。「メシェクとトバル+の長たちの長であるゴグよ,私はあなたに敵対している。  あなたを向き直らせ,あなたを導いて,北の果てから上ってこさせ+,イスラエルの山々に連れてくる。  あなたの左手から弓をたたき落とし,あなたの右手から矢が落ちるようにする。  あなたと,あなたの全ての兵と,共にいる民は,イスラエルの山々で倒れる+。私はあなたをあらゆる肉食の鳥と野獣に食べさせる+」』。  『あなたは野原に倒れる+。私が語ったからである』と,主権者である主エホバは宣言する。  『私はマゴグに対し,また島々に安心して住んでいる者たちに対し,火を差し向ける+。彼らは私がエホバであることを知らなければならなくなる。  私は,私の聖なる名を私の民イスラエルの中で知らせ,その聖なる名をもう汚させない。国々は,私がエホバであり+,イスラエルの聖なる者であることを+知らなければならなくなる』。  主権者である主エホバはこう宣言する。『これは必ず起こり,その通りになる。これが,私が語っていた日である。  イスラエルの町々の住民は出ていって,武器を燃やして火をたく。小盾や大盾,弓や矢,こん棒*や小やりを燃やすのである。7年の間,それらを使って火を付ける+ 10  野原から木を取ってくることも,森で薪を集めることも必要なくなる。武器を使って火を付けるからである』。 『彼らは戦利品を奪い返し,略奪者たちから略奪する』と,主権者である主エホバは宣言する。 11  『その日,私はゴグ+に墓地を与える。それはイスラエルの中,海の東を旅する者たちの谷にあり,通る者たちの道をふさぐ。人々はそこにゴグとその群衆全てを葬り,そこをハモン・ゴグの谷*+と呼ぶ。 12  イスラエル国民は7カ月かけて彼らを葬り,こうして土地を清める+ 13  土地の全ての人は彼らを葬るために働き,それによって名声を得る。私が自分に栄光をもたらす日にそうなる+』と,主権者である主エホバは宣言する。 14  『任命された人たちが絶えず土地を巡り,地面の上に残っている死体を葬って,土地を清める。彼らは7カ月の間,探し続ける。 15  土地を巡る人たちは人の骨を見つけると,傍らに標識を立てる。それから,葬るために任命された人たちが,ハモン・ゴグの谷に骨を葬る+ 16  そこにはハモナ*という名の町もできる。こうして人々は土地を清める+』。 17  人の子よ,主権者である主エホバはこう言う。『あらゆる種類の鳥と全ての野獣に言いなさい。「集まって,来なさい。私があなたたちのために用意している犠牲の周りに集まりなさい。それは大量の犠牲であり,イスラエルの山々の上にある+。あなたたちは肉を食べ,血を飲む+ 18  力の強い者たちの肉を食べ,地上の長たちの血を飲む。彼らは雄羊,子羊,ヤギ,雄牛であり,皆バシャンの肥えた動物である。 19  あなたたちは,私が用意する犠牲から,満腹になるまで脂肪を食べ,酔うまで血を飲む」』。 20  『あなたたちは私の食卓で,馬,兵車の乗り手,力の強い者,あらゆる戦士で腹を満たす+』と,主権者である主エホバは宣言する。 21  『私は国々の中で私の栄光を示す。全ての国の人々は,私が刑を執行し,彼らの中で力を表すのを見る+ 22  その日以降,イスラエル国民は,私が彼らの神エホバであることを知らなければならなくなる。 23  イスラエル国民が捕囚にされたのは自分たちの過ちのため,私に不忠実だったためであることを,国々は知らなければならなくなる+。それで私はイスラエル国民から顔を隠し+,彼らを敵の手に渡し+,彼らは皆剣によって倒れた。 24  私は彼らを汚れと違反に応じて扱い,私の顔を彼らから隠した』。 25  主権者である主エホバはこう言う。『私は,ヤコブの子孫で捕らわれている人々を連れ戻し+,イスラエル国民全体に憐れみを示す+。そして,私の聖なる名を熱心に擁護する*+ 26  彼らは,私に不忠実だったために恥をかいた後+,自分たちの土地に安全に住み,誰にも脅かされない+ 27  私は,彼らをさまざまな民の中から連れ戻し,敵の国々から集める時+,彼らの中で,多くの国の人々の目の前で,自分を神聖なものとする+』。 28  『私が彼らを捕囚の身にして国々に追いやり,それから一人残らず集めて彼らの土地に連れ戻す時,彼らは私が彼らの神エホバであることを知らなければならなくなる+ 29  私はもはや彼らから顔を隠さず+,イスラエル国民に私の聖なる力を注ぐ+』と,主権者である主エホバは宣言する」。

脚注

もしかすると,「手やり」。
または,「ゴグの群衆の谷」。
意味,「群衆」。
直訳,「名に全くの専心を示す」。