エゼキエル書 19:1‐14

  • イスラエルの長たちのための哀歌1‐14

19  「あなたは,イスラエルの長たちに関する哀歌を歌わなければならない。  こう歌いなさい。 『あなたの母はどんな母だったか。ライオンの群れにいた雌ライオンだった。若くて強いライオンの間に横たわり,子供たちを育てた。   育て上げられた1頭の雄が,若くて強いライオンになった+獲物を引き裂くことを学び,人間さえ餌食とした。   他国の人々はそのライオンについて聞き,落とし穴で捕らえた。そしてかぎを引っ掛け,エジプトに連れていった+   雌ライオンは待ち,悟った。子供が戻ってくる見込みがないことを。それで別の子供を選び,若くて強いライオンになるようにした。   その雄もライオンの間を歩き回り,若くて強いライオンになった。獲物を引き裂くことを学び,人間さえ餌食とした+   防備された塔の周りをうろつき,町々を荒廃させた。荒れ果てた土地に,そのライオンのほえ声が響き渡った+   周りの地域の人々がやって来て,ライオンに向かって網を投げ,落とし穴で捕らえた。   そしてかぎを引っ掛けておりに入れ,バビロンの王のもとに連れていき,そこでライオンを閉じ込めた。その声がもうイスラエルの山々で聞かれないようにするために。 10  あなたの母は,水のほとりに植えられたブドウの木*のようだった+豊かな水のゆえに実を結び,枝を茂らせた。 11  その枝は,王笏に適した強い枝*になった。木は成長し,他の木々の上にそびえ立ち,その高さと豊かな枝葉のゆえに目立つようになった。 12  しかし,激怒のうちに引き抜かれ+,地面に投げ捨てられて,東風が実を干からびさせた。強い枝はもぎ取られて枯れ+,火で焼き尽くされた+ 13  今やその木は荒野に植えられ,水のない乾燥した土地に立っている+ 14  火が枝*から燃え広がり,若枝や実を焼き尽くした。もう強い枝は残っておらず,治めるための王笏はない+ これは哀歌であり,哀歌として歌われる』」。

脚注

直訳,「あなたの血の中のブドウの木」。
または,「つえ」。
または,「つえ」。