エゼキエル書 11:1‐25

  • 悪い高官たちが断罪される1‐13

    • 都市が鍋に例えられる3‐12

  • 復興の約束14‐21

    • 「新たな精神」を持たせる19

  • 神の栄光がエルサレムから離れる22,23

  • エゼキエルは幻の中でカルデアに戻る24,25

11  それから私は聖なる力*によって持ち上げられ,エホバの家の東の門+に連れてこられた。見ると,門の入り口に25人の男性がいて,その中にアズルの子ヤアザヌヤとベナヤの子ペラトヤがいた。民の高官たちである+  神は私に言った。「人の子よ,この人たちはこの都市で*悪事をたくらみ,人々に良くないことを勧めている。  彼らはこう言っている。『今は自分たちの家を建てる時ではないだろうか+。この都市*は鍋で+,私たちは肉だ』。  彼らに対して預言しなさい。人の子よ,預言しなさい+」。  するとエホバの聖なる力が私に注がれ+,その方は私に言った。「こう言いなさい。『エホバはこう言っている。「イスラエル国民よ,あなたたちは正しいことを言った。私はあなたたちの考えを知っている。  あなたたちのせいで,この都市で多くの人が死に,通りは死人で埋め尽くされている+」』」。  「それで,主権者である主エホバはこう言う。『あなたたちが都市にばらまいた死体こそ肉であり,都市は鍋である+。しかし,あなたたちはそこから取り出される』」。  「主権者である主エホバはこう宣言する。『あなたたちが恐れている剣を+,私はあなたたちに差し向ける。  私はあなたたちを都市の中から連れ出して外国人の手に渡し,刑を執行する+ 10  あなたたちは剣によって倒れる+。私はイスラエルの境界で処罰を下し+,あなたたちは私がエホバであることを知らなければならなくなる+ 11  この都市があなたたちにとって鍋になることはなく,あなたたちがその中の肉になることもない。私はイスラエルの境界で処罰を下し, 12  あなたたちは私がエホバであることを知らなければならなくなる。私の規定に従って歩まず,私の法規を守らず+,かえって周りの国々の法規に従って行動したからである+』」。 13  私が預言するとすぐに,ベナヤの子ペラトヤが死んだ。それで私はひれ伏し,大声で叫んだ。「ああ,主権者である主エホバ! あなたはイスラエルの残っている人たちを根絶やしにされるのですか+」。 14  エホバが再び私に語り掛けてこう言った。 15  「人の子よ,あなたの兄弟たちのうち,買い戻す権利がある人たち,またイスラエル国民全体は,エルサレムの住民からこう言われた。『エホバから遠く離れていなさい。この土地は私たちのものだ。所有地として私たちに与えられたのだ』。 16  それで,こう言いなさい。『主権者である主エホバはこう言っている。「私は彼らを遠くの国々に追いやり,さまざまな土地に散らしたが+,それでも,彼らが行った国々で,私はしばらくの間彼らの聖なる所となる+」』。 17  また,こう言いなさい。『主権者である主エホバはこう言っている。「私はあなたたちを,さまざまな民の中から,散らされていた国々から集め,イスラエルの土地を与える+ 18  人々はそこに戻り,汚らわしい物や忌まわしい行いを全て取り除く+ 19  私は,彼らに一致した*心を与え+,新たな精神を持たせる+。彼らの体から石のような心を取り除き+,柔らかい心*を与える+ 20  それは,彼らが私の法令に従って歩み,私の法規を守るようになるためである。こうして彼らは私の民となり,私は彼らの神となる」』。 21  『「しかし,汚らわしい物や忌まわしい行いに引き続き心を向けている人たちは,自分の歩みの報いを受けることになる」と,主権者である主エホバは宣言する』」。 22  その時,ケルブたちが翼を広げ,車輪がすぐそばにあった+。イスラエルの神の栄光がその上で輝いていた+ 23  そしてエホバの栄光+は都市から昇り,都市の東にある山+の上にとどまった。 24  それから私は聖なる力*によって持ち上げられ,カルデアにいる捕囚の民の所に連れてこられた。それは神の聖なる力による幻の中でのことだった。そして私が見ていた幻は消え去った。 25  私はエホバが見せてくださった全ての事柄を捕囚の民に話し始めた。

脚注

もしかすると,「天使」。
または,「に対して」。
エルサレムのこと。ユダヤ人はこの都市の中にいれば安全だと考えていた。
直訳,「1つの」。
神の導きに敏感に応じる心のこと。
もしかすると,「天使」。