エズラ記 5:1‐17

  • ユダヤ人は神殿の建設を再開する1‐5

  • タテナイからダリウス王への手紙6‐17

5  さて,預言者ハガイ+と,イド+の孫の預言者ゼカリヤ+は,ユダとエルサレムにいるユダヤ人に,イスラエルの神*の名によって預言した。  そして,シャルテルの子ゼルバベル+とエホツァダクの子エシュア+は,エルサレムの神の家を建て直し始めた+。神の預言者たちも一緒にいて支援した+  すると,川向こうの地域*の総督タテナイ,シェタル・ボゼナイ,彼らの同僚たちがやって来て,尋ねた。「この家を建て,この建物*を完成させるよう,誰が命じたのか」。  さらに,「この建物を建てている者たちの名前は何というのか」と尋ねた。  とはいえ彼らは,ダリウスに報告がなされて,この件に関する公文書が送られてくるまで,ユダヤ人を止めなかった。神がユダヤ人の長老たちを見守っていたのである+  以下は,川向こうの地域の総督タテナイ,シェタル・ボゼナイとその同僚である川向こうの地域の準総督たちが,ダリウス王に送った手紙の写しである。  王への報告には,次のように記されていた。 「ダリウス王へ。 全てが平和でありますように。  王にお知らせいたします。私たちはユダ州の,偉大な神の家に行きました。人々は大きな石でその家を建てており,壁には材木も使っています。工事は熱心に行われ,順調に進められています。  私たちは長老たちに,『この家を建て,この建物*を完成させるよう,誰が命じたのか』と尋ねました+ 10  また,彼らの名前を尋ねました。指揮を執っている者たちの名前を書いて,王にお知らせするためです。 11  返ってきたのは次のような答えでした。『私たちは天と地の神に仕えており,ずっと前に建てられた家を建て直しています。イスラエルの偉大な王が建てて完成させた家です+ 12  父祖たちが天の神を怒らせたため+,神は父祖たちをカルデア人であるバビロンのネブカドネザル王の手に渡しました+。ネブカドネザルはこの家を破壊し+,民を捕らえてバビロンに連れていきました+ 13  しかし,バビロンのキュロス王の治世の第1年に,キュロス王はこの神の家を建て直すよう命じました+ 14  さらに,神の家の金と銀の器をバビロンの神殿から取り出しました。かつてネブカドネザルがエルサレムの神殿から奪ってバビロンの神殿に運んだ器です+。キュロス王はそれらの器を,総督に任命した+セシバザル*+という人に渡しました。 15  そして,こう言いました。「これらの器を持ってエルサレムに行き,神殿に納めよ。神の家を元の場所に建て直すのだ+」。 16  そこでセシバザルはやって来て,エルサレムの神の家の土台を据えました+。その時から現在までこの家は建設中で,まだ完成していません+』。 17  それで,もし王が良いと思われるようでしたら,バビロンにある王の宝物庫を調べさせ,あのエルサレムの神の家を建て直すようキュロス王が命じた+かどうかをお確かめください。そして,この件についてのご判断を私たちにお伝えくださいますように」。

脚注

直訳,「上にいるイスラエルの神」。
または,「ユーフラテス川の向こう側」。
または,「これらの梁」。
または,「これらの梁」。
エズ 2:2; 3:8のゼルバベルかもしれない。