イザヤ書 66:1‐24

  • 真の崇拝と偽りの崇拝1‐6

  • 母であるシオンと子たち7‐17

  • 人々が集められてエルサレムで崇拝する18‐24

66  エホバはこう言う。 「天は私の王座,地は私の足台である+では,あなたたちは私のためにどこに家を建てられるというのか+私が休む場所はどこか+」。   エホバはこう宣言する。「私の手がこの全てを造り,皆そのようにして存在するようになった+それで,私が目を留めるのは,謙遜で,意気をくじかれ*,私の言葉を畏れている*者である+   牛をほふる者は,人を打ち倒す者のようである+羊を犠牲として捧げる者は,犬の首を折る者のようである+供え物を捧げる者は,豚の血を捧げる者のようである+乳香を記念のために捧げる者+は,不思議な言葉で称賛する者*のようである+彼らは自分たちの道を選んだのであり,極めて不快なものを喜ぶ。   それで私は彼らを処罰することを選び+彼らが恐れている事柄をもたらす。私が呼んだのに誰も答えず,私が話したのに誰も聞かなかったからだ+彼らは私から見て悪いことを行い続け,私にとって不快なことを選んだ+」。   エホバの言葉を畏れている*あなたたちは,その言葉を聞け。「あなたたちを憎む兄弟たち,あなたたちを私の名のゆえに締め出す者たちは,『エホバがたたえられますように!』と言った+神は現れてあなたたちを喜ばせる。彼らは恥をかくことになる+」。   都市から騒がしい音がする! 神殿から音がする!エホバが敵に当然の返報をする音である。   彼女*は陣痛が起こる前に子を産んだ+産みの苦しみが始まる前に男の子を出産した。   このようなことを聞いたことがあるか。このような事柄を見たことがあるか。土地が1日で生み出されるだろうか。国民が一斉に生まれるだろうか。しかし,シオンは産気づいた途端に子たちを産んだ。   「私は,子が今にも生まれるようにしてから,それをとどめるだろうか」と,エホバは言う。「出産を生じさせながら,胎を閉ざすだろうか」と,あなたの神は言う。 10  エルサレムを愛するあなたたちは皆+,彼女と共に喜び,歓喜せよ+彼女のことで嘆き悲しんでいるあなたたちは皆,彼女と共に大いに喜べ。 11  あなたたちは彼女の慰めの乳房から乳を飲み,満足する。十分に飲んで,彼女の豊かな栄光を喜ぶ。 12  エホバはこう言う。「私は,川のように豊かな平和を彼女に与え+国々の栄光を激流のように彼女に向かわせる+あなたたちは乳を飲み,腕に抱かれて運ばれ,膝の上であやされる。 13  母親が子を慰めるように,私もあなたたちを絶えず慰める+あなたたちはエルサレムのことで慰められる+ 14  これを見て,あなたたちは心から喜び,骨が若草のように活力に満ちる。エホバの力は仕える者たちに知られ,神は敵たちを糾弾する+」。 15  「エホバは火のように来る+神の兵車は暴風のようである+神は激しい怒りのうちに返報し,炎によって叱責するために来る+ 16  エホバは火によって刑を執行し,剣によって全ての人を処罰する。大勢がエホバに討たれることになる。 17  真ん中の者に従って庭園*に入ろうと自分を神聖にし,身を清めている者たち+,豚の肉+やネズミや他の忌まわしいもの+を食べている者たちは皆,共に終わりを迎える」と,エホバは宣言する。 18  「私は彼らの行いと考えを知っているので,いろいろな言語を話す全ての国の人々を集めるために来る。人々は来て,私の栄光を見る」。 19  「私は人々の中にしるしを置き,逃れる者たちの幾らかを国々に遣わす。弓の名手たちがいるタルシシュ+とプルとルド+に,また,トバルとヤワン+,遠くの島々に遣わす。その国々は私について聞いたことがなく,私の栄光を見たこともない。私が遣わす者たちは,国々で私の栄光について知らせる+ 20  彼らは全ての国からあなたたちの兄弟を皆連れ出す+。エホバへの供え物として,馬,兵車,覆いの付いた荷車,ラバ,足の速いラクダに乗せて,私の聖なる山,エルサレムに連れてくる。イスラエルの民が清い器に供え物を入れて,エホバの家に持ってくる時のようにである」と,エホバは言う。 21  「また私は,祭司とレビ族のために幾人かを選ぶ」と,エホバは言う。 22  「私が造っている新しい天と新しい地が+私の前で存在し続けるように,あなたたちの子孫と名も存在し続ける」と,エホバは宣言する+ 23  エホバはこう言う。「新月から新月まで,また安息日から安息日まで,全ての人がやって来て私にひれ伏す*+ 24  そして彼らは出ていき,私に反逆した者たちの死体を見る。それらに湧いた虫は死なず,それらを燃やす火は消されず+それらは全ての人にとって不快なものとなる」。

脚注

または,「悔いる気持ちがあり」。
または,「心に掛けている」。
もしかすると,「偶像をたたえる者」。
または,「心に掛けている」。
都市つまりエルサレムのこと。
偶像崇拝を行うための特別な庭園のこと。
または,「を崇拝する」。