イザヤ書 6:1‐13

  • 神殿にいるエホバの幻1‐4

    • 「聖なる方,聖なる方,聖なる方」エホバ3

  • イザヤの唇は清められる5‐7

  • イザヤは任務を与えられる8‐10

    • 「ここに私がおります! 私を遣わしてください!」8

  • 「エホバ,いつまでですか」11‐13

6  ウジヤ王が死んだ年に+,私はエホバを見た。その方は高い所にある王座に座っており+,長い衣の裾が神殿いっぱいに広がっていた。  セラフたちがその方の上の方に立っていた。おのおの6つの翼を持ち,2つで顔を覆い,2つで足を覆い,2つで飛び回るのであった。   互いにこう言っていた。「聖なる方,聖なる方,聖なる方,大軍を率いるエホバ+全世界にその方の栄光が満ちている」。  その大きな声で扉の軸が震え,神殿*は煙で満たされた+   私は言った。「災いだ!私は死んだも同然だから*私は唇が汚れている者で,唇が汚れている民+の中に住んでいるのに,大軍を率いる王エホバを見てしまった!」  すると,セラフの1人が私の所に飛んできた。手には,祭壇から火箸で取った+,赤く燃える炭を持っていた+  それを私の口に触れさせて,言った。 「見なさい! これがあなたの唇に触れました。あなたの過ちは除き去られ,罪は贖われました」。  それから私はエホバの声を聞いた。「私は誰を遣わそうか。誰が私たちのために行くだろうか+」。そこで私は言った。「ここに私がおります! 私を遣わしてください+!」   すると神は言った。「行って,この民に言いなさい。『あなたたちは何度も聞くが,理解しない。何度も見るが,何も知るようにはならない+』。 10  この民の心を鈍くし+耳をよく聞こえなくし+目を閉ざしなさい。彼らは目で見ることも,耳で聞くことも,心で理解することもなく,私のもとに帰らず,癒やされることはない+」。 11  私が「エホバ,いつまでですか」と尋ねると,神は言った。 「町々が廃虚と化して誰も住まなくなり,家々に住人がいなくなり,土地が荒れ果てるまで+ 12  エホバが人々を遠くに移し+土地が広い範囲にわたって荒廃するまで。 13  ただし,民の10分の1は残る。民は大木のように,巨木のようにまた燃やされるが,切り倒された後に切り株が残る。聖なる子孫がその切り株となる」。

脚注

直訳,「家」。
直訳,「沈黙させられたから」。