イザヤ書 42:1‐25

  • 神に仕える者の任務1‐9

    • 「私はエホバ。それが私の名」8

  • エホバを賛美する新しい歌10‐17

  • イスラエルは目が見えず,耳が聞こえない18‐25

42  見なさい,私が支えている奉仕者+私が選び+,喜んでいる*者である+私は彼の内に聖なる力を宿らせた+彼は国々に公正をもたらす+   彼は叫ばず,声を上げず,通りで声を発することもない+   傷ついたアシを折らず,くすぶるランプの火を消さない+忠実に公正をもたらす+   彼は消えそうになることも折られることもなく,地上に公正を確立する+島々は彼の律法*を待ち続ける。   真の神エホバは,天を創造し,広げた偉大な方+地を据え,豊かな産物を生じさせた方+地上の人々に息を与え+地上で歩む者に生命力を与える方である+その方はこう言う。   「私エホバが,正義をもってあなたを呼び,あなたの手を取った。私はあなたを守り,民のための契約とし+国々の光とする+   あなたは見えない人の目を開き+囚人を監獄から連れ出し,暗闇の中に座っている人たちを牢屋から連れ出すことになる+   私はエホバ。それが私の名。私は自分の栄光をほかの誰にも与えず*自分の栄誉をどんな彫像にも与えない+   最初の事柄はすでに起きた。今,私は新しい事柄を告げている。それらが生じる前に,あなたたちに知らせよう+」。 10  エホバに新しい歌を歌え+地の果てからその方を賛美せよ+海に乗り出す人たちと,海に満ちる全てのものよ。島々とその住民よ+ 11  荒野とそこにある町々は声を上げよ+ケダル+の人々が住む集落も。大岩の住民は歓声を上げよ。山々の頂から叫べ。 12  エホバの栄光を認め,島々でその方を賛美せよ+ 13  エホバは勇士のように出ていき+戦士のように熱意を燃やす+叫び,ときの声を上げ,ご自分が敵よりも強いことを示す+ 14  「私は長い間,静かにしていた。沈黙し,自分を制していた。出産する女性のように,うめき,あえぎ,息を切らす。 15  私は山や丘を荒廃させ,そこにある草木を全て枯れさせる。川を島々*に変え,アシが茂る池を干上がらせる+ 16  目が見えない人たちを導いて彼らの知らない道を通らせ+なじみのない道を歩かせる+彼らの前の闇を光に変え+険しい土地を平地に変える+私は彼らのためにこれを行い,彼らを見捨てない」。 17  彫刻像に頼る者たち,金属像に向かって「われわれの神」と言う者たちは,退けられてすっかり恥をかく+ 18  耳が聞こえない人たち,聞きなさい。目が見えない人たち,よく見なさい+ 19  目が見えないのは,私に仕える者だけではないか。私が遣わす使者ほどに耳が聞こえない者がいるか。報われた者ほどに目が見えない者,エホバに仕える者ほどに目が見えない者がいるか+ 20  あなたは多くのものが見えているのに,注意を払わない。聞こえているはずなのに,耳を傾けようとしない+ 21  エホバは自分の正義のために,喜んで律法*を偉大で輝かしいものとした。 22  しかし,この民は略奪され,奪い去られた+皆が穴に捕らわれ,牢屋に閉じ込められている+略奪されて,誰にも救い出してもらえず+奪い去られて,誰にも「連れ戻せ!」と言ってもらえない。 23  あなたたちのうち誰がこれに耳を傾けるだろうか。やがて来る時のために,誰が注意を払って聞くだろうか。 24  ヤコブを奪い去られるままにし,イスラエルを略奪者たちに渡したのは誰か。それはエホバではないか。私たちはその方に対して罪を犯した。人々はその方の道を歩もうとせず,その方の律法*に従わなかった+ 25  神は彼*に怒りを浴びせ続け,憤りと戦火で彼を包んだ+それは彼の周りを焼き尽くしたが,彼は気に掛けなかった+それは彼に向かって燃え盛ったが,彼は心を留めなかった+

脚注

または,「是認した」。
または,「指示」。
または,「誰とも分け合わず」。
または,「沿岸」。
または,「指示」。
または,「指示」。
イスラエルのこと。