イザヤ書 30:1‐33

  • エジプトは何の助けにもならない1‐7

  • 民は預言の言葉を退ける8‐14

  • 信頼するなら力を得る15‐17

  • エホバはご自分の民に情けを掛ける18‐26

    • エホバは偉大な教師20

    • 「これが道である」21

  • エホバはアッシリアを処罰する27‐33

30  エホバはこう宣言する。「強情な子たちには災いがある+彼らは,私が立てたのではない計画を実行し+私の聖なる力に導かれることなく同盟を結び*罪を重ねる。   私に助言を求めずに+エジプトに行き+ファラオの保護の下に*身を潜め,エジプトの陰に避難する。   ファラオに保護を求めたことはあなたたちの恥となり,エジプトの陰に避難したことは恥辱となる+   高官たちはツォアン+におり,使節はハネスに着いた。   皆が,全く役に立たない民のせいで恥をかく。その民は何の助けにも,ためにもならず,恥と不名誉をもたらすだけである+」。  南にいる動物に対する宣告。 苦難と困難の土地,ほえるライオンがいる土地,毒蛇や飛び掛かる火のような蛇*がいる土地を通り,人々は財産をロバの背に載せ,物資をラクダのこぶに載せて運ぶ。しかし,それらは民の役に立たない。   エジプトは何の助けにもならない+それで私はこの者を,「じっと座るラハブ*+」と呼んだ。   「さあ,行って,民の前でこれを書き板に書き,書に記しなさい+それが将来,不変の証しとなるように+   彼らは反逆的な民+,人を欺く子たち+エホバの律法*を聞こうとしない子たちである+ 10  予見者たちに向かって『予見するな』と言い,幻を伝える者たちに向かってこう言う。『真実の幻を伝えるな+気分が良くなることを話せ。人を惑わす幻影を見ろ+ 11  道からそれ,進路から外れろ。もうイスラエルの聖なる方について話すな+』」。 12  そのため,イスラエルの聖なる方はこう言う。「あなたたちがこの言葉を退け+詐欺と偽りに頼り,それにものをいわせているので+ 13  この過ちはあなたたちにとって破れた城壁のようになる。突き出て今にも崩れそうな高い城壁のように,突然,瞬く間に崩壊する。 14  それは陶芸家の大きなつぼのように壊され,粉々に砕かれる。炉の火を移したり,水たまり*から水をすくったりするための破片も残らないほどに」。 15  主権者である主エホバ,イスラエルの聖なる方はこう言う。「あなたたちは,私のもとに戻って休むなら,救われる。平静を保ち,信頼するなら,力を得る+」。しかし,あなたたちはそうしようとしなかった+ 16  かえって,「いや,われわれは馬に乗って逃げる!」と言ったので,あなたたちは逃げることになる。「われわれは速い馬に乗る!」と言ったので+速い者たちに追われることになる+ 17  1人の威嚇で1000人が震え+5人の威嚇であなたたちは逃げる。山頂の柱のように,丘の上の旗印*のように見えるほど,わずかな人しか残らない+ 18  それでも,エホバはあなたたちに情けを掛けようと辛抱強く待って*おり+憐れみを示そうと立ち上がる+エホバは公正の神だからである+この方を待ち続ける*人は皆,幸せだ+ 19  民がシオンに,エルサレムに住む時+,あなたは決して泣かない+。神は助けを求めるあなたの叫び声を聞くと,必ず情けを掛ける。聞いてすぐにあなたに答えてくださる+ 20  エホバはあなたたちに苦難というパンを食べさせ,圧迫という水を飲ませる+。とはいえ,あなたの偉大な教師はもはや姿を隠さず,あなたは自分の目で偉大な教師+を見る。 21  右や左にそれそうになる時には+,後ろからあなたの耳に,「これが道である+。この道を歩みなさい」という言葉が聞こえる。 22  あなたたちは,彫像を覆っている銀や,金属像*にかぶせた金を汚す+。それらを月経の時の布のように投げ捨て,「消えてなくなれ!」と言う*+ 23  神はあなたが地面にまく種のために雨を降らせてくださり+,地面から栄養豊かな食物が豊富に生み出されるようになる+。その日,あなたの家畜は広い牧草地で草を食べる+ 24  地面を耕す牛やロバは,シャベルとフォークでえり分けられて*酸葉で味付けされた飼い葉を食べる。 25  幾つもの塔が倒れ,大勢が殺される日に,全ての高い山や丘の上に川や水路ができる+ 26  満月の光は太陽の光のようになり,太陽の光は7倍強くなり+,7日分の光のようになる。エホバがご自分の民のけが*を包み+,自ら打った民の重い傷を癒やす日に,そのようになる+ 27  エホバ*が遠くからやって来る。怒りに燃え,厚い雲と共に。その方の唇は憤りに満ちており,舌は焼き尽くす火のようだ+ 28  その方の聖なる力*は,首にまで達する激流のようであり,滅び*のふるいで国々を揺り動かす。人々は口にくつわをはめられ+,惑わされる。 29  あなたたちの歌は,祭りの準備をする*夜に歌われる歌のようになる+あなたたちは心から喜ぶ。エホバの山に,イスラエルの岩のような方+のもとに行くために,笛を持って*歩く人のように。 30  エホバは威厳ある声を響かせ+振り下ろす腕を見せる+その腕は燃える怒りのうちに+焼き尽くす炎と+,豪雨と+,雷雨と,ひょうと共に振り下ろされる+ 31  エホバの声によってアッシリアは恐怖に襲われる+神はつえでアッシリアを打つ+ 32  エホバがアッシリアに処罰のつえを振り下ろすたびに,タンバリンとたて琴が鳴らされる+神は腕を振りかざして彼らと戦う+ 33  トフェト*+はすでに用意されており,王のために整えられている+神は,深く広い場所にまきを積み,大量のまきで多くの火をおこす。エホバの息が,流れる硫黄のように,まきに火を付ける。

脚注

直訳,「献酒を注ぎ」。契約を結ぶことを指していると考えられる。
直訳,「ファラオのとりでに」。
または,「突進する毒蛇」。
用語集参照。
または,「指示」。
もしかすると,「水ため」。
または,「合図のさお」。
または,「と待ち続けて」。
または,「一心に待つ」。
または,「鋳造された像」。
もしかすると,「汚物と呼ぶ」。
脱穀したものを放り上げ,もみ殻を風で吹き分ける作業。
または,「崩壊」,「裂け目」。
直訳,「エホバの名」。
または,「その方の息」。
直訳,「無価値」。
または,「のために自分を神聖なものとする」。
または,「の音に合わせて」。
ここでは物を燃やす比喩的な場所を指しており,滅びを表している。