イザヤ書 29:1‐24

  • アリエルには災いがある!1‐16

    • 口先だけの崇拝はとがめられる13

  • 耳が聞こえない人が聞き,目が見えない人が見る17‐24

29  「ダビデが陣営を張った都市アリエル*+,アリエルには災いがある!来る年も来る年も,一連の祭り+を行い続けるがよい。   私はアリエルに苦難をもたらす+悲しみと嘆きがあり+その都市は私にとって神の祭壇の炉のようになる+   私はあなたの周囲に陣営を張り,とがった杭の柵を巡らして包囲し,あなたを攻めるための土塁を築く+   あなたは打ち倒され,地面から話すようになり,言うことは土のせいで聞こえにくくなる。あなたの声は地面から聞こえてくる+霊媒師の声のように。あなたの言葉は土の中からささやかれる。   あなたに群がる敵*は細かい粉のようになり+群がる圧制者は風に払われるもみ殻のようになる+それは突然,瞬く間に起きる+   大軍を率いるエホバがあなたに注意を向ける。雷鳴と地震と大きな音をもって。暴風と大嵐と焼き尽くす炎をもって+」。   アリエルに群がって戦っている全ての国の人々+すなわち,その都市と戦っている全ての者,都市を包囲するための塔,都市に苦難をもたらしている者たちは,夜の夢のようになる。   空腹の人が,食べている夢を見たのに,目覚めると空腹のままであるように。また,喉が渇いている人が,飲んでいる夢を見たのに,目覚めると疲れて喉が渇いたままであるように。シオンの山に群がって戦う全ての国の人々は,そのようになる+   ぼうぜんとし,ひどく驚け+自分の目を覆い,見えなくなれ+彼らは酔っているが,ぶどう酒のせいではない。よろめいているが,酒のせいではない。 10  エホバはあなたたちの心を深く眠らせ+あなたたちの目を閉じ,頭を覆った。目とは預言者+,頭とは幻を伝える者+である。 11  あなたたちにとってはどの幻も,封印された書の言葉のようになる+。字が読める人にそれを渡して,「どうか声を出して読んでください」と言うと,その人は「封印されているから読めません」と言う。 12  字が読めない人にその書を渡して,「どうか読んでください」と言うと,その人は「私は字が読めません」と言う。 13  エホバはこう言う。「この民は口では私に近づくと言い,唇で私を敬うが+心は私から遠く離れている。彼らが私を畏れるのは,人間の命令を教え込まれたからにすぎない+ 14  そのため,この私が,驚くべきことを再びこの民に行う+驚きに驚きを重ねて。賢人たちの知恵は滅び,思慮深い人たちの理解は失われる+」。 15  計画*をエホバから必死に隠そうとする者たちには災いがある+彼らは暗闇の中で事を運び,こう言う。「誰がわれわれを見ているだろうか。誰がわれわれのことを知っているだろうか+」。 16  あなたたちは物事をゆがめている*陶芸家が粘土と同じに見なされるべきだろうか+作られた物が作った人について,「彼は私を作らなかった」と言うべきだろうか+形作られた物が形作った人について,「彼は分かっていない」と言うだろうか+ 17  もう間もなく,レバノンは果樹園に変えられ+果樹園は森と見なされるようになる+ 18  その日,耳が聞こえない人が書物の言葉を聞き,目が見えない人が暗がりと闇から解かれて見る+ 19  温厚な人はエホバのことで大いに喜び,貧しい人もイスラエルの聖なる方のことで歓喜する+ 20  圧制者はいなくなり,自慢する者は終わりを迎え,悪事を働こうと機会をうかがう者は皆滅ぼされる+ 21  偽りの言葉によって人を有罪とする者,町の門の所で弁護する人*をわなに掛けようとする者+根拠のない主張をして正しい人が公正に扱われないようにする者+は,滅ぼされるのである。 22  それで,アブラハム+を助けた*エホバは,ヤコブの子孫にこう言う。 「ヤコブはもはや恥じることがなく,顔が青ざめる*こともなくなる+ 23  彼が,自分の中にいる子供たち,私が形作った者たちを見る時+彼らは私の名を神聖なものとする。ヤコブの聖なる者を神聖なものとし,イスラエルの神に畏敬の気持ちを抱く+ 24  考え方が間違っている人たちも理解するようになり,不平を言う人たちも教えを受け入れる」。

脚注

意味はもしかすると,「神の祭壇の炉」。エルサレムのことと思われる。
直訳,「よそ者」。
または,「意図」。
または,「はひねくれている」。
直訳,「戒める人」。
直訳,「買い戻した」。
恥や失望によって青ざめるということ。