アモス書 8:1‐14

  • 夏の果物が入った籠の幻1‐3

  • 弱者を苦しめる者たちへの断罪4‐14

    • 神の言葉の飢饉11

8  主権者である主エホバは私に次のことを見せた。夏の果物が入った籠があった。  神は,「アモス,何が見えるか」と言った。私は「夏の果物が入った籠です」と答えた。エホバは言った。「私の民イスラエルに終わりが来た。私はこれ以上彼らを許すことはしない+  『その日,神殿の歌声は泣き叫ぶ声に変わる+。至る所に多くの死体が捨てられる+。静まれ!』と,主権者である主エホバは宣言する。   聞け。貧しい人を踏みつける者たち,土地の温厚な人を根絶やしにする者たち+   このように言う者たちよ。『新月の祭りが終わって+穀類を売れるようになるのはいつか。安息日+が終わって穀物を売りに出せるようになるのはいつか。計量容器を小さくし,重りを重くし,ごまかしのはかりを作るのだ+   困っている人を銀で,貧しい人をサンダル1足で買える+穀物のかすを売り付けられる』。   エホバはヤコブの誇りに懸けて誓った+『私は彼らの行い全てを忘れない+   それでこの土地*は揺れ,そこの住民全てが嘆き悲しむ+土地は全体がナイル川のように盛り上がり,エジプトのナイル川のように波打ち,沈み込む+』。   主権者である主エホバは宣言する。『その日,私は真昼に太陽を沈ませ,白昼に地上を暗くする+ 10  私はあなたたちの祭りを葬儀に+あなたたちの歌を全て哀歌に変える。全ての腰に粗布を巻かせ,全ての頭をそり上げさせる。その日を一人息子の葬儀のようにし,その日の終わりを苦い日のようにする』。 11  主権者である主エホバは宣言する。『私がこの土地に飢饉を送り込む時が来る。パンの飢饉でも水の枯渇でもない。エホバの言葉の飢饉である+ 12  彼らはよろけながら,海から海へ,北から東*へと行く。エホバの言葉を探し回るが,見つけられない。 13  その日,美しい乙女も青年も,喉の渇きのために気を失う。 14  彼らはサマリアの罪+に懸けて誓う。「ダン+よ,生きているあなたの神に懸けて誓う」とか,「生きているベエル・シェバ+の道に懸けて誓う」と言う。彼らは倒れ,二度と立ち上がれない+』」。

脚注

または,「地上」。
または,「日の出の方向」。