内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 質問2

どうすれば神について学べますか

「この律法の書について語るのをやめてはいけない。あなたはそれを昼も夜も小声で読まなければいけない。そこに記されている全てのことを注意深く守るためである。そうすればあなたは成功し,賢く行動できる」。

ヨシュア 1:8

「彼らは真の神の律法の書を朗読し続け,分かりやすく説明して意味を教えた。読まれた箇所を理解できるよう,民を助けたのである」。

ネヘミヤ 8:8

「何と幸せなのだろう。悪人の意見に従って歩ま……ない人は。その人はエホバの律法を喜び,昼も夜も小声で読む。……行うことは全て成功する」。

詩編 1:1‐3

「フィリポは並んで走り,高官が預言者イザヤの書を朗読しているのを聞いて,『読んでいる内容が分かりますか』と言った。高官は,『誰かが教えてくれなければ,どうして分かるでしょうか』と言った」。

使徒 8:30,31

 「神の見えない性質は,世界の創造以来明らかです。造られた物を見れば,神が永遠に力を持っていて,確かに神であるということが分かります。ですから,彼らは言い訳ができません」。

ローマ 1:20

「これらのことについてよく考え,打ち込みなさい。そうすれば,あなたの進歩は誰の目にも明らかになるでしょう」。

テモテ第一 4:15

「互いのことをよく考えて,愛を表し立派な行いをするよう勧め合いましょう。仲間と集まることを怠ってはなりません」。

ヘブライ 10:24,25

「皆さんの中に知恵の欠けた人がいるなら,その人は神に求め続けてください。神はとがめたりせず,全ての人に惜しみなく与えてくださるからです。求め続ければ与えられます」。

ヤコブ 1:5