詩編 97:1‐12

97  エホバ*自ら王となられた+! 地は喜べ+多くの島々*は歓べ+   雲と濃い暗闇が[]の周りにある+義と裁きはその王座の定まった場所+   そのみ前を火が行き+周囲の敵対者たちを焼き尽くす+   その稲妻は産出的な地を照らし出し+地は見て,激しい痛みを覚えるようになった+   山々もエホバ*のゆえに,全地の*+のゆえに,ろうのように溶けはじめた+   天はその義を告げ知らせ+もろもろの民は皆その栄光を見た+   彫刻した像に仕える者*はみな恥をかくがよい+無価値な神々+*誇りにしている者たちは。この方に身をかがめよ,すべての神々*+   エホバよ,あなたの司法上の定めのゆえに+シオンは聞いて,歓びはじめ+ユダに依存する町々*は喜びはじめました+   エホバ*よ,あなたは全地を治める至高者だからです+その上るところは[ほかの]すべての神々*に勝って非常に高いのです+ 10  エホバ*を愛する者たちよ+,悪を憎め+[]はご自分の忠節な者たちの魂を守っておられ+邪悪な者たちの手から彼らを救い出される+ 11  光が義なる者のために+歓びが心の廉直な者たちのためにきらめいた*+ 12  義なる者たちよ,エホバ*にあって歓び+その聖なる記念に*感謝せよ+

脚注

付録1ハ§8参照。
または,「多くの海沿いの地帯」。
付録1ハ§8参照。
「の主」。ヘ語,アドーン。
または,「を崇拝する者」。ヘ語,オーヴェデー。
無価値な神々を」。ヘ語,バーエリーリーム; 七十訳,「自分たちの偶像を」; ウル訳,「自分たちの像を; 自分たちに似せたものを」。
「神々」。ヘ語,エローヒーム; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「その使いたち」。
字義,「ユダの娘たち」。
付録1ハ§8参照。
「神々」。ヘ語,エローヒーム。
付録1ハ§8参照。
「きらめいた」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および一つのヘブライ語写本; マソ本,「まかれる」。112:4の脚注と比較。
付録1ハ§8参照。
または,「その神聖さの記憶に」。