内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 96:1‐13

96 * エホバ​に​向かっ​て​新しい​歌​を​歌え+地​の​すべて[の​者*]よ,エホバ​に​向かっ​て​歌え+   エホバ​に​向かっ​て​歌い,その​み名​を​ほめたたえよ+日​から​日​へ​と​その​救い​の​良い​たより​を​告げ​よ+   諸​国民​の​中​で​その​栄光​を+もろもろ​の​民​すべて​の​中​で​その​くすしい​み業​を​告げ知らせ​よ+   エホバ​は​大いなる​方+,大いに​賛美​さ​れる​べき​方​だ​から​で​ある。[ほか​の]すべて​の​神々​に​勝っ​て​畏怖​の​念​を​起こさ​せる​方​で​ある+   もろもろ​の​民​の​神々​*は​みな​無​価値​な​神​*だ​から​で​ある+しかし​エホバ​は,まさしく​天​を​造ら​れ​た+   尊厳​と​光輝​は​その​み前​に​あり+力​と​美​は​その​聖​なる​所​に​ある+   もろもろ​の​民​の​諸族​よ,エホバ​*に​帰せ​よ*+栄光​と​力​を​エホバ​*に​帰せ​よ+   その​み名​に​属する​栄光​を​エホバ​*に​帰せ​よ+供え物​を​携え​て,その​中庭​に​入れ+   聖​なる​飾り物​を​着け​て​*エホバ​*に​身​を​かがめ​よ+地​の​すべて[の​者*]よ,[]の​ゆえに​激しい​痛み​を​覚えよ+ 10  諸​国民​の​中​で​言え,「エホバ​*自ら​王​と​なら​れ​た+産出​的​な​地​*も​堅く​立て​られ​て​いる​の​で,よろめかさ​れる​こと​は​ありえ​ない+[]は​もろもろ​の​民​の​言い分​を​廉直​に​弁護​し​て​くださる​で​あろ​う+」と。 11  天​は​歓び,地​は​喜び​に​満ちよ*+海​と​そこ​に​満ちる​もの​は​鳴りとどろけ+ 12  原野​と​その​中​に​ある​すべて​の​もの​は​歓喜​せよ+それ​と​同時​に,森林​の​木々​も​みな​エホバ​*の​み前​で​喜び​に​満ち​て​叫び​を​上げよ+ 13  []は​来​られ​た​から​だ+地​を​裁く​ため​に​来​られ​た​から​だ+産出​的​な​地​*を​義​を​もっ​て+もろもろ​の​民​を​ご自分​の​忠実​さ​を​もっ​て​裁か​れる+

脚注

七十訳​に​は​次​の​表題​が​付さ​れ​て​いる。「捕囚​の​後,家​が​建て​られ​た​時。ダビデ​の​歌」; ウル訳​も​同様。
字義,「地​の​すべて」,しかし,「歌え」と​いう​動詞​は​男性​複数​形。33:8,「皆」および66:1,「者​よ」の​脚注​参照。
「の​神々」。ヘ語,エローヘー; ギ語,テオイ; ラ語,ディイー。
「無​価値​な​神」。ヘ語,エリーリーム; 七十訳,ウル訳,「悪霊​たち」。
付録1ハ§​8​参照。
「帰せ​よ」,複数​形。ヘ語,ハーヴー。
付録1ハ§​8​参照。
付録1ハ§​8​参照。
「聖​なる​飾り物​を​着け​て」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「その​聖​なる​中庭​で」。
付録1ハ§​8​参照。
1​節,「者」の​脚注​参照。
付録1ハ§​8​参照。
「産出​的​な​地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人​の​住む​地」; ウル訳​(ラ語),オルベム テッラエ,「地​の​円」。
マソ本​に​おい​て​この​節​の​最初​の​四つ​の​ヘブライ​語​の​頭​文字​を​右​から​左​に​読む​と​折り句<アクロスティック>,すなわち​神​に​のみ​用い​られる​名​で​ある​四文字語<テトラグラマトン>,יהוה(YHWH)に​なる。その​四つ​の​語​は​翻字​する​と​次​の​よう​に​なる。イスメフー(Yis·mechu')ハッシャーマイム(Hash·sha·ma'yim)ウェターゲール(Wetha·ghel')ハーアーレツ(Ha·ʼa'rets)。本文​校訂​の​注記​を​収め​た​ヘブライ​語​の​マソラ​は,この​四文字語<テトラグラマトン>の​折り句<アクロスティック>に​注意​を​促し​て​いる。
付録1ハ§​8​参照。
10​節,「地」の​脚注​参照。