内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 95:1‐11

95  さあ,エホバ向かっ喜び叫ぼ+わたしたち救い向かっ勝利叫び上げよう+   感謝ことばもっそのみ前*行き+調べもって[]に勝利叫び上げよう+   エホバ大いなる*+[他の]すべて勝る*大いなるからある+   そのみ手最もなる深み*あり+[]に山々属する+   []にご自身造ら属し+そのみ手乾い形造っ+   入っ行き,崇拝ささげ,身かがめよう+わたしたち造り主+エホバみ前ひざまずこ+   このわたしたち,わたしたちその放牧民,そのみ手からある+今日,もしあなた方その聴いなら+   メリバ*おけるよう+荒野マッサ*おけるようかたくなならない+   そのとき,あなた方父祖たちわたし試し+彼らわたし調べ,またわたし働き+ 10  わたし四十間[その]*世代対し嫌忌抱きつづけ+そして言うようなった,「彼ら定まらないある+彼ら自身わたし知る至らなかっ+」と。 11  彼ら関して,わたし怒りうち誓っ+「彼らわたし休み場*入らない+」と。

脚注

「み前」。字義,「顔」。出 33:14,15,「自身」の脚注; サム二 17:11,「ご自身も」の脚注比較。
「大いなる」。ヘ語,エール ガードール。
「[他の]すべて勝る」。ヘ語,アルコルエローヒーム
または,「地の[探検ための]連山」。七十訳一致マソ本訂正することより,「地遠く場所」。
または,「言い争い」,マソ本; 七十訳,「憤激」; ウル訳,「いら立ち」。
「試み; 試練」の意; 七十訳,ウル訳,「誘惑」。
「その」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,タル省いいる。
「休み」,七十訳,ウル訳。