詩編 94:1‐23

94 * 復しゅうの業を行なわれる*,エホバよ+復しゅうの業を行なわれるよ,輝き出てください+   地の裁き主よ,身を起こしてください+ごう慢な者たちに応報を与えてください+   エホバよ,邪悪な者たちはいつまで+邪悪な者たちはいつまで歓喜するのですか+   彼らは[言葉を]ほとばしらせ,とめどもなく話しつづけます+有害なことを習わしにする者たちはみな自慢しつづけます+   エホバよ,彼らはあなたの民を砕きつづけ+あなたの相続物を絶えず苦しめます+   彼らはやもめや外人居留者を殺し+父なし子を殺害します+   そして言いつづけます,「ヤハ*は見ない+ヤコブの*は[それを]理解しない」と+   民の中の道理をわきまえない者たちよ,理解せよ+愚鈍な者たちよ,お前たちはいつになったら洞察力を得るのか+   耳を植えるは,聞くことができないだろうか+また,目を形造るは,見ることができないだろうか+ 10  諸国民を正すは,戒めることができないだろうか+人間に知識を授けるその+ 11  エホバは人間*の考えを知っておられる。それが呼気のようなものであることを+ 12  ヤハよ,あなたが正してくださる人+あなたがご自分の律法から教えてくださる強健な人*は幸いです+ 13  [あなたは]彼に災いの日からの平穏を与えてくださり+ついには邪悪な者のために坑が掘り抜かれるのです+ 14  エホバはご自分の民を見捨てず+また,ご自分の相続物+を捨てられないからです。 15  司法上の定めはまさしく義に戻り+心の廉直な者は皆それに従って行くからです。 16  だれがわたしのために,悪を行なう者たちに対して立ち上がってくれるでしょうか+だれがわたしのために,有害なことを習わしにする者たちに対して立ち向かってくれるでしょうか+ 17  もしエホバがわたしの助けとなってくださらなかったら+わたしの魂はもう少しで沈黙のうちに住んだことでしょう+ 18  「わたしの足はきっとよろめいて行くだろう」と,わたしが言ったとき+エホバよ,あなたの愛ある親切がわたしを支えつづけました+ 19  不安の念を起こさせるわたしの考えがわたしの内で多くなったとき+あなたの慰めがわたしの魂をいとおしむようになりました+ 20  布告によって難儀を仕組みながら+逆境を生じさせる王座があなたと同盟を結ぶでしょうか+ 21  彼らは義なる者の魂に激しい攻撃を加え+罪のない者の血さえも邪悪であると言います+ 22  しかし,エホバはわたしのための堅固な高台+わたしのはわたしの避難所の岩となってくださいます+ 23  そして,[]は彼らにその害悪を返し+彼らを彼ら自身の災いによって沈黙させるのです+わたしたちのエホバは彼らを沈黙させます+

脚注

七十訳には次の表題が付されている。「ダビデの詩編。週の第四日目のために」; ウル訳も同様。
「神」。ヘ語,エール。
「ヤハ」。ヘ語,ヤーハ。68:4の脚注参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
字義,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
強健な人」。ヘ語,ハッゲヴェル