内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 94:1‐23

94 * 復しゅう​の​業​を​行なわ​れる​*,エホバ​よ+復しゅう​の​業​を​行なわ​れる​神​よ,輝き出​て​ください+   地​の​裁き主​よ,身​を​起こし​て​ください+ごう慢​な​者​たち​に​応報​を​与え​て​ください+   エホバ​よ,邪悪​な​者​たち​は​いつ​まで+邪悪​な​者​たち​は​いつ​まで​歓喜​する​の​です​か+   彼ら​は[言葉​を]ほとばしら​せ,とめど​も​なく​話し​つづけ​ます+有害​な​こと​を​習わし​に​する​者​たち​は​みな​自慢​し​つづけ​ます+   エホバ​よ,彼ら​は​あなた​の​民​を​砕きつづけ+あなた​の​相続​物​を​絶え​ず​苦しめ​ます+   彼ら​は​やもめ​や​外人​居留​者​を​殺し+父なし子​を​殺害​し​ます+   そして​言い​つづけ​ます,「ヤハ​*は​見​ない+ヤコブ​の​神​*は[それ​を]理解​し​ない」と+   民​の​中​の​道理​を​わきまえ​ない​者​たち​よ,理解​せよ+愚鈍​な​者​たち​よ,お前​たち​は​いつ​に​なっ​たら​洞察​力​を​得る​の​か+   耳​を​植える​方​は,聞く​こと​が​でき​ない​だろ​う​か+また,目​を​形造る​方​は,見る​こと​が​でき​ない​だろ​う​か+ 10  諸​国民​を​正す​方​は,戒める​こと​が​でき​ない​だろ​う​か+人間​に​知識​を​授ける​その​方​+ 11  エホバ​は​人間​*の​考え​を​知っ​て​おら​れる。それ​が​呼気​の​よう​な​もの​で​ある​こと​を+ 12  ヤハ​よ,あなた​が​正し​て​くださる​人+あなた​が​ご自分​の​律法​から​教え​て​くださる​強健​な​人​*は​幸い​です+ 13  [あなた​は]彼​に​災い​の​日​から​の​平穏​を​与え​て​くださり+ついに​は​邪悪​な​者​の​ため​に​坑​が​掘り抜か​れる​の​です+ 14  エホバ​は​ご自分​の​民​を​見捨て​ず+また,ご自分​の​相続​物​+を​捨て​られ​ない​から​です。 15  司法​上​の​定め​は​まさしく​義​に​戻り+心​の​廉直​な​者​は​皆​それ​に​従っ​て​行く​から​です。 16  だれ​が​わたし​の​ため​に,悪​を​行なう​者​たち​に​対し​て​立ち上がっ​て​くれる​でしょ​う​か+だれ​が​わたし​の​ため​に,有害​な​こと​を​習わし​に​する​者​たち​に​対し​て​立ち向かっ​て​くれる​でしょ​う​か+ 17  もし​エホバ​が​わたし​の​助け​と​なっ​て​くださら​なかっ​たら+わたし​の​魂​は​もう​少し​で​沈黙​の​うち​に​住ん​だ​こと​でしょ​う+ 18  「わたし​の​足​は​きっと​よろめい​て​行く​だろ​う」と,わたし​が​言っ​た​とき+エホバ​よ,あなた​の​愛​ある​親切​が​わたし​を​支え​つづけ​まし​た+ 19  不安​の​念​を​起こさ​せる​わたし​の​考え​が​わたし​の​内​で​多く​なっ​た​とき+あなた​の​慰め​が​わたし​の​魂​を​いとおしむ​よう​に​なり​まし​た+ 20  布告​に​よっ​て​難儀​を​仕組み​ながら+逆境​を​生じ​させる​王座​が​あなた​と​同盟​を​結ぶ​でしょ​う​か+ 21  彼ら​は​義​なる​者​の​魂​に​激しい​攻撃​を​加え+罪​の​ない​者​の​血​さえ​も​邪悪​で​ある​と​言い​ます+ 22  しかし,エホバ​は​わたし​の​ため​の​堅固​な​高台+わたし​の​神​は​わたし​の​避難​所​の​岩​と​なっ​て​ください​ます+ 23  そして,[]は​彼ら​に​その​害悪​を​返し+彼ら​を​彼ら​自身​の​災い​に​よっ​て​沈黙​さ​せる​の​です+わたしたち​の​神​エホバ​は​彼ら​を​沈黙​さ​せ​ます+

脚注

七十訳​に​は​次​の​表題​が​付さ​れ​て​いる。「ダビデ​の​詩編。週​の​第​四​日​目​の​ため​に」; ウル訳​も​同様。
「神」。ヘ語,エール。
「ヤハ」。ヘ語,ヤーハ。68:4の​脚注​参照。
「の​神」。ヘ語,エローヘー。
字義,「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
強健​な​人」。ヘ語,ハッゲヴェル