内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 91:1‐16

91  秘められ+住む+自ら宿り場得ることなる+   わたしエホバ*し上げよう,「[あなたは]わたし避難所,わたしとりで+わたし依り頼むわたしです+」と。   それは,[]ご自身が,鳥捕らえるわなから+逆境生じさせる疫病から+,あなた救い出されるからだ。   []はあなた近づくものその羽翼阻み+あなたは[]の避難する+[]の真実+大盾+,また,堡塁*なる。   あなた怖るべきもの+飛ん来る+恐れない。   また,暗歩む疫病+真昼奪略行なう滅び+   千まさしくあなた傍ら倒れ,あなた右手に[倒れる]。あなたそれ近づくことない+   あなたただ見つめ+邪悪たち応報見る+   それあなたが,「エホバ*わたしです」と[言った]からある+あなたご自身自分住まい+ 10  どんなあなた降り懸かることなく+災厄あなた天幕近寄ることない+ 11  []はあなた関しご自分使いたち命令出されるからある+あなたそのすべておい守るよう+ 12  彼あなた支え運び+あなた打ちつけることないようする+ 13  あなたライオンコブラ踏みつけ+たてがみある若いライオン大きなへび踏みにじる+ 14  彼わたし愛情傾け+わたし逃れさせる+わたし知るようなっで,わたし保護する*+ 15  彼わたし呼び求め,わたし答える+わたし苦難ときいるあろ+わたし助け出し,彼栄光授ける+ 16  わたし日々もっ満ち足ら+わたしよる救いさせるあろ+

脚注

「エホバ」,マソ本(ヘ語,יהוה),タル,シリ訳,ウル訳; アキュ訳テイラー,ギリシャ本文おける古代ヘブライ文字よる四文字語<テトラグラマトン>。付録1ハ§8参照。
または,「鎖かたびら」。
付録1ハ§8参照。
字義,「わたし高い置く」,すなわち,手届かないに。