内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 78:1‐72

マスキル*。アサフよる+ 78  わたしよ,わたし律法向け+わたし語ること傾け+   わたしことばもっ開き+なぞほとばしらよう+   わたしたち知っいるもの+たちわたしたち語り伝えもの+   それわたしたち隠さ+来たるべき世代語り伝える+エホバ賛美+[]の行なわくすしい事柄+   そして,[]はヤコブうち諭し掲げ+律法イスラエルうち置か+それは,[]がわたしたち父祖命じ+彼ら知らせようされことあっ+   来たるべき世代,生ま来るが[それを]知り+立ち上がって[それを]自分語り伝えるため+   また,彼ご自身*確信置き+*行なわこと忘れ+,そのおきて守り行なうためあっ+   彼その父祖たちようなっならない+それ強情で,反逆世代+自分定めなかっ世代あり+その*信頼値しなかっ+   エフライム武装射手あっ+戦い後退+ 10  彼*契約守ら+その律法よっ歩むこと拒ん+ 11  彼また,[]の行なわこと,[]がさせくださっそのくすしい+忘れるようなっ+ 12  []は彼ら父祖たちで,エジプト+,ツォアン+,驚嘆べきこと行なわ+ 13  []は彼ら渡っ行かせるため裂き+せきよう立た+ 14  そして,昼もっ+よもすがらもっ彼ら導い行か+ 15  次で,荒野裂か+深みよう*,[彼らに]存分飲ませるためあっ+ 16  大から流れ出さ+よう下らせるあっ+ 17  それでも,彼ない地域反逆することより+なおも[]に対しおかし続け+ 18  次で,彼ら自分ため食べるもの求めることより+うち*試すあっ+ 19  こうて,彼逆らっ*話しはじめ+彼ら言った,「荒野食卓整えることできるか」と+ 20  見よ,[]は打た+流れ,奔流あふれ出るためあっ+「[]はまた,パン与えることできる+また,そのため糧食備えることできる+」。 21  それゆえに,エホバて,憤怒覚えられ+ヤコブ向かっ燃え上がり+怒りまた,イスラエル向かっ上がっ+ 22  彼信仰置か+その救い依り頼まなかっからある+ 23  それで,[]はなるかかっ命じて,開か+ 24  そして,マナ降らせ食べさせ+穀物彼らお与えなっ+ 25  人*強力たち*パン食べある+[]は食糧彼ら送っ満ち足ら+ 26  天東風起こし+ご自分よっ南風吹かせはじめ+ 27  こうて,彼糧食よう+ある飛ぶ生き物砂粒よう降らせゆか+ 28  そして,[]は[それを]ご自分宿営に,幕屋+周囲落ち来さ+ 29  それで,彼食べて,大いに満ち足りるようなり+[]は彼ら欲するもの引き続き[民]にもたらされるあっ+ 30  彼その欲望から離れゆかず,食べ物まだそのあっとき+ 31  そのとき憤り彼ら向かっ立ち上っ+そして,[]はその頑強たち殺しゆか+イスラエル若者たちくずおれさせた。 32  このすべてかかわらず,彼なおも犯し+そのくすしいみ業信仰置かなかっ+ 33  それで,[]は彼ら日々あたかも呼気あるよう終わらせ+彼ら騒乱よって[終わらせた]。 34  []が彼ら殺すたびに,彼らも[]を尋ね求め+帰って,*捜し求め+ 35  そして,*自分たちあること+なる自分たちためしゅうくださるあること思い出すあっ+ 36  そして,彼そので[]をだまそ+そので[]にうそつこ+ 37  そして,彼は[]に対し揺るぎないものなく+彼らその契約関し忠実なかっ+ 38  しかし,[]は憐れみ深く+,とが覆っ+,滅びもたらそされなかっ+そして,幾ご自分怒り引き戻し+その激しい怒りことごとくかき立てることされなかった。 39  また,彼なるあること+*行くが,帰っないこと+思い出されるあった。 40  彼幾たび荒野で[]に反逆+砂漠で[]に痛み覚えさせこと+ 41  そして,彼繰り返し*試し+イスラエルなる+痛み与えた。 42  彼そのみ手思い出さなかっ+[]が自分たち敵対から請け戻しくださっこと+ 43  []がエジプトそのしるし+ツォアンその奇跡置かこと+ 44  さらに,彼ナイル運河変えゆか+彼ら自分たち流れから飲むことできなかっこと+ 45  次で,[]は彼らあぶ送って,それ彼ら食い尽くすよう+かえるを[送って],それ彼ら滅び陥れるようされ+ 46  そして,彼収穫ごきぶりに,彼ら労苦いなご与えはじめ+ 47  []はよっ+彼らぶどうを,よっ彼らエジプトいちじく殺しゆか+ 48  次で,彼ら駄獣+彼ら畜類燃える渡さた。 49  彼その燃える怒り+憤怒糾弾苦難+災いもたらすみ使い代表送り出さ+ 50  []はその怒りため通り道備えはじめられ+彼らからとどめず,彼ら疫病*渡さ+ 51  ついには,エジプトすべてを,ハム天幕+彼ら生殖*始めなるもの討ち倒さ+ 52  その,ご自分群れよう去ら+荒野これ家畜群れよう導か+ 53  そして,彼安全連れ行かで,彼ら怖れ抱かなかっ+彼ら覆っ+ 54  次で,[]は彼らご自分なる領地+ご自分右手取得この山地連れられ+ 55  そして,彼ゆえに徐々国民追い出し+測り綱もっ彼ら相続配分ゆき+イスラエル部族それぞれ*住まわ+ 56  それでもなる試し,反逆はじめ+その諭し守らなかっ+ 57  彼また,元戻っ父祖たちよう不実行動取りつづけ+緩んよう向き変え+ 58  そして,そのき所よって[]を怒らせ+その彫像もって[]にねたみ起こさせるあっ+ 59  聞き+,憤怒覚え+イスラエル大いに侮べつ+ 60  そして,ついにシロを,ご自分住まいされその天幕+見捨てられ+ 61  次で,[]はご自分捕らわれ状態+ご自分敵対渡さ+ 62  そして,ご自渡しつづけ+ご自分相続対し憤怒覚えるようなっ+ 63  火その若者たち食い尽くし,その処女たち賛美受け*なかっ+ 64  そのたちいうと,彼ら倒れ+彼ら*やもめたち泣き出すことなかっ+ 65  そのとき,エホバ*から[覚めるとき]のよう+ぶどう酒[の酔い]からさめるあるよう目覚めるあっ+ 66  そして,そのたち背後から討ち倒しゆき+定めなく続くそしり彼ら加えられ+ 67  次で,[]はヨセフ天幕退け+エフライム部族選ばなかっ+ 68  かえって,[]はユダ部族+ご自分愛しシオン+選ばた。 69  そして,ご自なる高みよう+ご自分その定めない至るまで据え+よう建てはじめられた。 70  そうして,ご自ダビデ選ん+これ囲いから取り出さ+ 71  []はを,乳飲ませる雌[羊]の追うことから連れ+ご自分ヤコブ+ご自分相続あるイスラエル羊飼い置か+ 72  そして,彼その忠誠したがって彼ら牧しはじめ+その巧みもっ彼ら導きはじめ+

脚注

32:表題脚注参照。
……に」。ヘ語,ヴェーローヒーム
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
または,「逆巻くように」。ヘ語,キトホーモート33:7,「水」の脚注参照。
「神」。ヘ語,エール。
逆らって」。ヘ語,ベーローヒーム(bEʼ·lo·him')。
「人々」。ヘ語,イーシュ。
「強力たち」。すなわち,超人たち。ヘ語,アッビーリーム; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「み使いたち」; タル,「み使いたち住まい(から下っパン)」。
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
または,「風」。ヘ語,ルーアハ。
「神」。ヘ語,エール。
または,「(腺)ペスト」。
「彼ら生殖力」。字義,「生殖力」(複),マソ本; シリ訳,「彼ら子孫」; タル,七十訳,ウル訳,「彼ら労」(複)。
「家」。字義,「天幕」。
『賛美受ける』,すなわち,結婚よって。
「彼らの」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,タル,「彼の」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。