内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 77:1‐20

エドトン​*の​指揮​者​へ。アサフ​に​よる+。調べ。 77  わたし​は​声​を​上げ,​に​向かっ​て​声​を​上げ,*ご自身​に​叫び​ます+すると,[]は​必ず​わたし​に​耳​を​向け​て​ください​ます+   わたし​の​苦難​の​日​に​わたし​は​エホバ​*を​尋ね求め​まし​た+夜​に​は​わたし​の​手​が​差し伸べ​られ​*まし​た​が,それ​は​無​感覚​に​は​なり​ませ​ん。わたし​の​魂​は​慰め​られる​こと​を​拒み​まし​た+   わたし​は​​を​思い起こし​て,騒ぎ立ち​ます+わたし​は​気遣い​を​示し​ます。わたし​の​霊​が​衰え果てる​の​で​は​ない​か​と+。セラ。   あなた​は​わたし​の​まぶた​を​つかみ​まし​た+わたし​は​動揺​し​て,話す​こと​が​でき​ませ​ん+   わたし​は​昔​の​日​を,定め​の​ない​過去​の​年​を​思いやり​まし​た+   わたし​は​夜,わたし​の​弦​の​調べ​を​思い出し​ます+わたし​は​心​から​気遣い​を​示し+わたし​の​霊​は​注意深く​尋ね求め​ます。   エホバ​*は​定め​の​ない​時​まで,いつ​まで​も​捨て去っ​て​しまう​の​だろ​う​か+もう​二​度​と​喜ば​れ​ない​の​だろ​う​か+   その​愛​ある​親切​は​永久​に​終わっ​て​しまっ​た​の​だろ​う​か+[その]ことば​は​代々​に​わたっ​て​無​に​帰し​て​しまっ​た​の​だろ​う​か+   *は​恵み​深く​ある​こと​を​お忘れ​に​なっ​た​の​だろ​う​か+それとも,怒っ​て​その​憐れみ​を​閉ざさ​れ​た​の​だろ​う​か+。セラ。 10  そして,わたし​は​言い​つづける​の​だろ​う​か,「これ​が​わたし​を​刺し通す​もの​だ+​の​右手​の​変わる​こと​が」と+ 11  わたし​は​ヤハ​*の​行なわ​れ​た​こと​を​思い出し+昔​の​あなた​の​驚嘆​す​べき​行ない​を​思い出し​ます+ 12  そして,あなた​の​すべて​の​働き​を​確か​に​思い巡らし+あなた​の​行なわ​れ​た​こと​を​思い​に​留め​ます+ 13  *よ,あなた​の​道​は​聖​なる​場所​に​あり​ます+いったい​だれ​が,​の​よう​に​大いなる​*でしょ​う​か+ 14  あなた​は[まこと​の]​で​あり,驚嘆​す​べき​こと​を​行なわ​れ​ます+あなた​は​もろもろ​の​民​の​中​に​ご自分​の​力​を​知らさ​れ​まし​た+ 15  あなた​は​み腕​を​もっ​て​ご自分​の​民​を,ヤコブ​と​ヨセフ​の​子​ら​を​取り戻さ​れ​まし​た+。セラ。 16  ​よ,水​は​あなた​を​見​まし​た。水​は​あなた​を​見​て,激しい​痛み​を​覚える​よう​に​なり​まし​た+また,水​の​深み​*も​動揺​し​はじめ​まし​た+ 17  雲​は​雷鳴​を​とどろか​せ​て​水​を​注ぎ出し+雲​の​かかっ​た​空​は​音​を​出し​まし​た。また,あなた​の​矢​も​方々​に​出​て​行き​まし​た+ 18  あなた​の​雷鳴​は​兵車​の​車輪​の​よう​でし​た+稲妻​は​産出​的​な​地​*を​照らし出し​まし​た+地​は​動揺​し,激動​し​はじめ​まし​た+ 19  あなた​の​道​は​海​の​中​を​通り+あなた​の​道筋​は​大水​の​中​を​通っ​て​い​まし​た。それでも,あなた​の​足跡​が​知ら​れる​よう​に​は​なり​ませ​ん​でし​た。 20  あなた​は​ご自分​の​民​を​まさに​羊​の​群れ​の​よう​に+モーセ​と​アロン​の​手​に​よっ​て​導か​れ​た​の​です+

脚注

39:表題の​脚注​参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム; タル,七十訳,ウル訳,「エホバ」。
書写​の​際​YHWH​が​アドーナーイ​に​変え​られ​た​134​箇所​の​一つ。付録1ロ参照。
「差し伸べ​られ」。字義,「注ぎ出さ​れ」。
2​節,「エホバ」の​脚注​参照。
「神」。ヘ語,エール。
68:4の​脚注​参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「神」。ヘ語,エール。
出 15:5の​脚注​参照。
「産出​的​な​地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人​の​住む​地」; ラ語,オルビー テッラエ,「地​の​円」。