詩編 73:1‐28

アサフの調べ+ 73  はイスラエルに対して,心の清い者たちに対して,確かに善良であられる+   わたしについていえば,わたしの足はもう少しでそれて行くところだった+わたしの歩みは危うく滑る*ところだった+   わたしは邪悪な者たちが平安でいるのを見る[たびに+],誇る者たちがねたましくなったからだ+   彼らには死の激痛もなく+その下腹は肥えているからだ+   彼らは死すべき人間*の難儀に遭うことも+ほかの人間*のように災厄に遭うこともない+   それゆえ,ごう慢さが彼らの首飾りとなった+暴虐が衣のように彼らを包む+   その目は脂肪で膨らみ+彼らは心の想像するところを超えた+   彼らは嘲笑し,悪いことについて話し+だまし取ることについて格調高い話し方をする+   彼らはその口を天にまでも入れた+彼らの舌は地を歩き回る+ 10  それゆえ,[]はご自分の民をこちらに連れ戻す。満ちているところの水は彼らのために流し出される。 11  そして彼らは言った,「どのようにして*は知るようになったのか+至高者には知識があるのか」と+ 12  見よ,これらは邪悪な者であり,いつまでも安楽に暮らしている+彼らは[自分の]資産を殖やした+ 13  わたしが自分の心を清めたことも,潔白のうちに自分の手を洗うことも+,確かに無駄なことなのだ+ 14  そして,わたしは一日じゅう災厄に遭うこととなり+わたしの矯正は毎朝のことである+ 15  もしわたしが,「そのように話をしよう」と言ったのなら,見よ,あなたの子らの世代に対して,わたしは不実な行為をしたことになる+ 16  それで,わたしはこのことを知ろうと考えつづけた+それはわたしの目に難儀なことであった。 17  わたしがの大いなる聖なる所に入って行くまでは+わたしは彼らの将来を見極めたいと思った+ 18  確かに,あなたは彼らを滑りやすい地に置かれます+あなたは彼らを滅びに陥れました+ 19  ああ,彼らは一瞬のことのように驚きの的となってしまいました+彼らはその終わりに至り,突然の恐怖によって終わりを迎えました。 20  エホバ*よ,目覚めた後の夢のように+あなたは[身を]起こすとき彼らの像をさげすまれます+ 21  わたしの心はいら立ち+わたしは腎に鋭い痛みを受けたからです+ 22  そして,わたしは道理をわきまえておらず,知ることができませんでした+あなたから見て,わたしはただの獣のようなものとなりました+ 23  しかし,わたしは絶えずあなたと共にいます+あなたはわたしの右手をつかんでくださいました+ 24  あなたはご自分の助言をもってわたしを導き+その後,わたしを栄光へ連れて行ってくださるのです+ 25  わたしにとって天にだれがいるでしょうか+わたしにとって,あなたのほかに,地には何の喜びもありません+ 26  わたしの体とわたしの心は衰えました+はわたしの心の岩,定めのない時に至るまでわたしの受け分なのです+ 27  ご覧ください,あなたから離れている者たちは滅びうせます+不道徳にもあなたから去って行く者を,あなたはみな必ず沈黙させられます+ 28  しかしわたしについていえば,に近づくことは良いことなのです+主権者なる主エホバのもとに,わたしは自分の避難所を置きました+あなたのすべてのみ業を*告げ知らせるためです+

脚注

「滑る」。または,「注ぎ出される」。
「死すべき人間」。ヘ語,エノーシュ。
「ほかの人間」。ヘ語,アーダーム。
「神」。ヘ語,エール。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
七十訳とウル訳は「シオンの娘の門で」を付け加えている。