内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 7:1‐17

ベニヤミンクシュ*言葉関しダビデエホバ歌っ哀歌* 7  わたしエホバ+,あなたもとわたし避難まし+わたし迫害するすべてからわたし救い,わたし救い出しください+   救い出しくれるないとき+だれライオンようわたし*引き裂き+,[わたしを]奪い去ることないためです。   わたしエホバよ,もしわたしこのことなら+もしわたし不正あるなら+   もしわたし報いくれる返しなら+また[もし],わたし無益敵対するからわたし奪い取ることた[のなら+],   敵わたし追わ+追いつかせ,わたし踏みにじらせ,わたし栄光住まわください。セラ。   エホバよ,怒うち立ち上がっください+わたし敵意示すたち憤怒激発対し起こしください+わたしため*覚ましください+。あなた裁きため命令出さた[からです+]。   そして,国たみ*集まりあなた取り囲ませ,あなた高い帰って,それ向かっください。   エホバもろもろ自ら宣告下さます+エホバよ,わたしと,わたしうちある忠誠+したがってわたし裁いください+   どうか,邪たち終わりますよう+あなたなる堅くくださいますよう+なる+*+*試しおらます+ 10  わたしためは,心廉直たちい主+あるある+ 11  *なるき主+*ごと糾弾浴びせおられる* 12  もしある帰らないなら+,[]はその研ぎ+必ず引い*,[射る]用意される+ 13  そして,ご自ため必ず備え+ご自分燃える[矢]とされる+ 14  見よ,有害ことはらんいるいる+難儀宿して,必ず偽り産む+ 15  彼掘り抜いて,それ掘りつづけ+だが,自分作りかけ落ち込む+ 16  その自身帰し+その暴虐下る+ 17  わたしエホバそのしたがってたたえ++エホバみ名調べ奏でよう+

脚注

「エミニクシュ」,七十訳。
「哀歌」。ヘ語,シッガーヨーン。意味明確ないが,リズム急速変化する非常感情こと表わしいるしれない。シャーアグいう動詞から派生あれば,シッガーヨーン喜びもしくは危険ため発せられる,とどろくよう叫び声意味いるしれない。ハバ 3:1では複数使わいる。七十訳,ウル訳,「詩」。
「わたし」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
「わたしために」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「わたしエホバよ」。
「国たみ」。ヘ語,レウンミーム。この箇所エローヒーム読むべきしれない。そうあれば,このは,「神々集まりあなた取り囲ませ」となる。82:1比較。
なるて」。ヘ語,エローヒーム ツァッディーク。エローヒームいう称号複数で,形容詞ツァッディーク単数形。
または,「と最も奥深い感情」。ヘ語,ウーケラーヨート
「神」。ヘ語,エローヒーム。単数形容詞続く。9,「義なるて」の脚注参照。
」。ヘ語,ウェエール
または,「神は……糾弾おられる」。七十訳,「[神]は……怒り発しおらない」。
「引いて」。字義,「踏んで」,しばしば真ん中しっかり据えることより。