内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 69:1‐36

“ゆり*”の指揮+。ダビデよる。 69  よ,わたし救っください。水わたし*まで迫っからです+   わたし深い沈んしまいました。そこ立つ場所ありませ+わたし深いはまり込み,水流*わたし流し去りまし+   わたし呼ばわり続けため疲れ+わたしのどはかれ,わたしわたしひたすら待ち望ん衰えまし+   何いわれなくわたし憎むたちは,わたしより多くなりまし+わたし沈黙せるたちは,理由なくわたしなっおり,その非常多くなりまし+わたしそのとき,奪い取っことないもの返しゆきました。   よ,あなたご自身わたし愚か知るようならました。わたし罪科あなたから隠さませでし+   主権なる,万軍エホバ+あなた待ち望むたちが,わたしためかきませよう+ああ,イスラエル+あなた求めるたちが,わたしため辱め受けることありませよう+   あなたためわたしそしり負い+辱めわたし覆っからです+   わたし自分兄弟とっ疎遠なり+自分とっ異国者[となりまし+]。   あなた対する全き熱心わたし食い尽くし+あなたそしっいるたちそのそしりわたし降り懸かりまし+ 10  そして,わたし自分断食もっ泣きはじめまし+それわたしとっそしりもとなりまし+ 11  わたし粗布自分衣服するとき,わたし彼らとっ格言ことばなりまし+ 12  門座っいるたちは,わたしつい関心示すようなり+[わたしは,]酔わせる飲むたち題[となりまし+]。 13  しかし,わたしいうと,エホバ*よ,わたし祈りあなた向けられまし+よ,受け入れいただけるです+豊かある親切うちに,あなたよる救い真実もっわたし答えください+ 14  泥からわたし救い出して,わたし沈まないようください+わたし憎むたちから+,深いから,わたし救い出さますよう+ 15  水水流わたし流し去ることありませよう+深みわたし呑み込むことが[ありませように]。井戸わたしその閉じることが[ありませよう+]。 16  エホバよ,わたし答えください。あなたある親切良いものからです+あなた豊か憐れみしたがって,わたし向いください+ 17  あなたからみ顔覆い隠さないください+わたし窮境陥っいるですから,急いわたし答えください+ 18  わたし近づいて,これ取り戻しください+わたしゆえに,わたし請け戻しください+ 19  あなたご自身が,わたしそしり辱め知っくださいまし+わたし敵意示すあなたます+ 20  そしりわたし破りました。[そのは]治りませ+そして,わたし同情示しくれる待ち望みましが,だれませでし+慰めくれるを[待ち望みましが],だれ見いだせませでし+ 21  かえって,彼ら食物*毒草を[わたしに]与え*+わたし渇きため飲ませようまし+ 22  彼らあるその食卓彼ら陥れる仕掛けなり+彼ら幸いなるはずものわなと[なるよう+]。 23  彼ら暗くなって,見えなくなるよう+彼ら絶えよろけさせください+ 24  彼らあなた糾弾注ぎ出しください+あなた燃える怒り彼ら追いつきますよう+ 25  壁囲ま彼ら宿営荒廃られるよう+彼ら天幕だれ住むなくなりますよう+ 26  あなた打っ彼ら追跡からです+あなた刺し通さたち痛み彼ら詳しく話すです。 27  彼らとがとが加えください+彼らあなたうち入ることありませよう+ 28  彼ら生けるたち*からぬぐい去られるよう+彼らなるたち書き込まれることありませよう+ 29  しかし,わたし苦悩痛みあります+よ,あなた救いわたし保護するものなりますよう+ 30  わたしもっ*み名賛美+感謝もって[]を大いなるものます+ 31  これまた,雄牛より+ある,ひづめ分かれ若い雄牛よりエホバ*喜ばれることです+ 32  柔和たち必ず[それを]見て,歓びます+求めいるたちよ,あなた方生きつづけるよう+ 33  エホバ貧しいたち[の言葉]を聴いおら+ご自分捕らわれ*決してさげすまないから+ 34  天が[]を賛美するよう+その動き回るすべてもの+ 35  ご自身シオン救い+ユダ都市建てられるから+彼ら必ずそこ住み,それ*所有するあろ+ 36  そして,そのたち子孫*それ受け継ぎ+そのみ名愛するたちそこ住むなる+

脚注

45:表題,「ゆり」の脚注参照。
「魂」。または,「命」。ヘ語,ナーフェシュ; タル(ア語),シ語,ナフシャー; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマム。
水流」。ヘ語,ウェシッボーレト
「エホバ」。ヘ語,エフワー; シュン訳P.ビンド,G.39777断片,古体ヘブライ文字よる四文字語<テトラグラマトン>。付録1ハ§9参照。
または,「慰めパン」。
または,「彼ら食物入れるようなり」。
「生けるたち書」。または,「命書」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。シュン訳P.ビンド,G.39777断片この箇所は「エホバ神」となっおり,四文字語<テトラグラマトン>は古体ヘブライ文字で記さいる。付録1ハ§9参照。
付録1ハ§9参照。
または,「ご自分属する捕らわれなっいるたち」。
「それ」,女性形。その指しいる。
字義,「胤」。