内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 68:1‐35

指揮​者​へ。ダビデ​に​よる。調べ,歌。 68  ​が​立ち上がっ​て​くださり+,その​敵​たち​が​散らさ​れ+[]を​激しく​憎む​者​たち​が[]の​ゆえに​逃げ​て​行く​よう​に+   煙​が​吹き払わ​れる​よう​に,あなた​が[彼ら​を]吹き払っ​て​ください​ます​よう​に+ろう​が​火​の​ゆえに​溶ける​よう​に+邪悪​な​者​たち​が​​の​み前​から​滅びうせ​ます​よう​に+   しかし,義​なる​者​たち​は,歓び+​の​み前​で​大いに​喜び+歓び​の​うち​に​歓喜​する​よう​に+   あなた方​は​​に​向かっ​て​歌い,その​み名​に​調べ​を​奏でよ+荒野​の​中​を​乗り​進ま​れ+,その​名​を​ヤハ​と​いわ​れる​*+に[歌​を]うたえ。その​み前​で​歓呼​せよ。   父なし子​の​父,やもめ​の​裁き主+それ​は​ご自分​の​聖​なる​住まい​に​おら​れる​+   ​は​孤独​な​者​たち​を​家​に​住まわ​せ*+捕らわれ​人​を​連れ出し​て,豊か​な​繁栄​に​導き入れ​られる+しかし​強情​な​者​は,焼けつく​地​に​住ま​なけれ​ば​なら​ない+   ​よ,あなた​が​ご自分​の​民​の​前​に​出​て​行か​れ​た​とき+あなた​が​砂漠​を​進ん​で​行か​れ​た​とき+ ― セラ ―   地​は​激動​し+天​も​また,​の​ゆえに​滴り+この​シナイ​は,,イスラエル​の​+の​ゆえに[激動​し​た+]。   ​よ,あなた​は​豊潤​な​大雨​を​降らせ​はじめ​まし​た+ご自分​の​相続​物,それ​が​うみ疲れ​て​いる​とき​に​も ― あなた​ご自身​が​その​気力​を​回復​さ​せ​て​ください​まし​た+ 10  あなた​の​天幕​村+ ― そこ​に​彼ら​は​住み​まし​た+​よ,あなた​は​ご自分​の​善良​さ​を​もっ​て,それ​を​苦しん​で​いる​者​の​ため​に​備え​て​ください​まし​た+ 11  エホバ​*ご自身​が​みことば​を​与え​て​くださる+良い​たより​を​告げる​女​は​大軍​を​なし​て​いる+ 12  軍勢​の​王​たち​で​さえ​逃げる。彼ら​は​逃げる+しかし​家​に​とどまっ​て​いる​者,彼女​は​分捕り​物​に​あずかる+ 13  あなた方​は[宿営​の]灰​の​山​*の​間​に​横たわっ​て​い​た​が,銀​で​覆わ​れ​た​はと​の​翼​と,黄緑色​の​金​*で[覆わ​れ​た]羽翼​と​が​ある​で​あろ​う+ 14  *が​そこ*で​王​たち​を​広く​散らさ​れ​た​*とき+ツァルモン​+に​雪​が​降り​はじめ​た。 15  バシャン​+の​山地​*は​*の​山+バシャン​の​山地​は​峰​の​連なる​山+ 16  峰​の​連なる​山々​よ,なぜ​お前​たち​は,​が​自ら​住む​こと​を​願っ​た​山​+を​ねたましげ​に​見​つづける​の​か。エホバ​ご自身​が[そこ​に]永久​に​住まわ​れる​の​だ+ 17  ​の​戦車​は​幾万,幾千​と​なく​ある+エホバ​ご自身​が​シナイ​から​聖​なる​場所​に​入っ​て​来​られ​た*+ 18  あなた​は​高い​所​に​上ら​れ​まし​た+あなた​は​とりこ​を​連れ去ら​れ​まし​た+あなた​は​人々​と​いう​形​の​*賜物​を​取ら​れ​まし​た+そう​です,強情​な​者​たち​を​も​です+*ヤハ​*よ,[彼ら​の​中​に]住む​ため​に+ 19  日​ごと​に​わたしたち​の​ため​に​荷​を​負っ​て​くださる​エホバ​が+わたしたち​の​救い​の[まこと​の]​が​ほめたたえ​られる​よう​に*+。セラ。 20  わたしたち​に​とっ​て[まこと​の]​は​救い​を​施さ​れる​*+死​から​逃れ出る​道​*は,+なる​主,エホバ​に​属する+ 21  実​に​​ご自身​が​その​敵​の​頭​を+自分​の​罪科​の​うち​に​歩き回る​者​の​毛深い​頭​の​頂​を​打ち砕か​れる+ 22  エホバ​*は​言わ​れ​た,「わたし​は​バシャン​から​連れ戻し+海​の​深み​から*[彼ら​を]連れ戻す+ 23  それ​は,あなた​が​足​を​血​で​洗い*+あなた​の​犬​の​舌​が​敵​から​その​受け分​を​得る​+ため​で​ある」と。 24  ​よ,彼ら​は​あなた​の​行列​を​見​まし​た+わたし​の​*,わたし​の​​の​行列​が​聖​なる​場所​に​入っ​て​行く​の​を+ 25  歌うたい​たち​は​前​を​行き,弦楽器​を​弾く​者​たち​は​その​後​に​従い+その​間​に​あっ​て​乙女​ら​は​タンバリン​を​打ち鳴らし​て​い​まし​た+ 26  イスラエル​の​​から[出​た​者​たち​よ+],群集​の​中​で​*​を,エホバ​*を​ほめたたえよ+ 27  そこ​で​は​小さい​ベニヤミン​が​彼ら​を​従え​て​おり+ユダ​の​君​たち​が,叫び声​を​上げる​その​群衆​と​共​に​いる。ゼブルン​の​君​たち​も,ナフタリ​の​君​たち​も+ 28  あなた​の​​は​あなた​の​力​に​命令​を​下さ​れ​まし​た+​よ,わたしたち​の​ため​に​行動​し​て​くださっ​た​方​よ,力​を​示し​て​ください+ 29  エルサレム​に​ある​あなた​の​神殿​の​ゆえに+王​たち​は​あなた​の​もと​に​供え物​を​携え​て​来る​の​です+ 30  葦​の​中​の​野獣+,雄牛​*の​集まり​を+もろもろ​の​民​の​子牛​と​共​に​叱責​し​て​ください。その​各々​は​銀​の​塊​を​踏みつけ​て​い​ます+[]は,戦い​を​喜び​と​する​もろもろ​の​民​を​散らさ​れ​まし​た*+ 31  青銅​の​品々​*が​エジプト​から​出​て​くる+クシュ​*も​その​手​を[供え物​と​共​に]素早く​​に​伸べる​で​あろ​う+ 32  ああ,地​の​もろもろ​の​王国​よ,​に​向かっ​て​歌い+エホバ​*に​調べ​を​奏でよ ― セラ ― 33  古​から​の​天​の​天​に​乗り進ま​れる​+に[調べ​を​奏でよ]。見よ,[]は​その​声​を,力強い​声​を​出さ​れる+ 34  力​を​​に​帰せ​よ+その​卓逸​性​は​イスラエル​の​上​に,その​力​は​雲​の​中​に​ある+ 35  ​は​畏怖​の​念​を​抱か​せる​方​で​あり,あなた​の​大いなる​聖所​*から[現われ出る+]。それ​は​イスラエル​の​​で​あり*,民​に​力​を,まさに​偉力​を​与え​て​おら​れる+​が​ほめたたえ​られる​よう​に+

脚注

ヤハ​と​いわ​れる」。BHS​脚注(ヘ語),キー ヤーハ; マソ本(ヘ語),ベヤーハ,「ヤハ​に​より」。ヤーハ​は​四文字語<テトラグラマトン>YHWH​の​前​半分​で​ある。マソ本​に​は​49​回​出​て​おり,いずれ​の​場合​に​も​2​番​目​の​字母​に​点(マッピーク)が​打た​れ​て​いる​の​が​特徴​で​ある​が,歌 8:6の​場合​のみ​マッピーク​の​ない​形​で​出​て​来る。タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,「エホバ」。出 15:2,「ヤハ」の​脚注,付録1イ参照。
マソ本​に​よる; ヘブライ​語​動詞​を​わずか​に​訂正​する​こと​に​より,「孤独​な​者​たち​を​家​に​連れ戻し」。
書写​の​際​YHWH​が​アドーナーイ​に​変え​られ​た​134​箇所​の​一つ。付録1ロ参照。
「[宿営​の]灰​の​山」。または,「鞍袋」; または,「羊​の​おり」。ヘブライ​語​の​意味​は​明確​で​ない。
「金」。ヘ語,ハールーツ。
「全能​者」。ヘ語,シャッダイ。
「そこ」,女性​形。地​を​指し​て​いる。
または,「広く​分散​さ​せ​られ​た」。
または,「山」。ヘ語,ハル。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「エホバ​ご自身​が​シナイ​から……来​られ​た」,ヘブライ​語​本文​の​提案​さ​れ​て​いる​読み方​に​したがい,申 33:2と​も​合わせ​て; マソ本,「主権​者​なる​主[ヘ語,アドーナーイ]は​それら​の​中​に,シナイ[に]……おら​れる」。11​節の​脚注​参照。
字義,「人々​の​中​に」。ヘ語,バーアーダーム
「神」。ヘ語,エローヒーム。
4​節の​脚注​参照。
「エホバ​が……ほめたたえ​られる​よう​に」。ヘ語,バールーク アドーナーイ; 七十訳​バグスター(ギ語),キュリオス ホ テオス エウロゲートス,エウロゲートス キュリオス,「エホバ​神​が​ほめたたえ​られる[よう​に],エホバ​が​ほめたたえ​られる[よう​に]」。付録1ロ6ニ参照。
「神」。ヘ語,エール。
または,「死​から​の​脱出」。
11​節の​脚注​参照。
「から」,マソ本,シリ訳; タル,七十訳,ウル訳,「を​通し​て」。
「洗い」,七十訳,シリ訳,ウル訳​と​一致​さ​せ​て​マソ本​を​訂正​する​こと​に​よる。
「わたし​の​」。ヘ語,エーリー。
「エクレシア​で」,七十訳,ウル訳。
「エホバ」。ヘ語,エフワー; 多く​の​ヘブライ​語​写本​と​印刷​版,アドーナーイ。付録1ロ参照。
字義,「強力​な​者​たち」。
「[神]は……を​散らさ​れ​まし​た」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「を​散らし​て​ください」。
「青銅​の​品々」。ヘ語,ハシュマンニーム,意味​は​明確​で​ない; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「大使​たち」。
「クシュ」,マソ本,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「エチオピア」。
11​節の​脚注​参照。
字義,「あなた​の​聖​なる​所」(複)。
「イスラエル​の​神​で​あり」。母音​符号​の​打ち方​を​変える​こと​に​より,「(その​方​は)イスラエル​に」。ヘ語,エール イスラーエール; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「イスラエル​の​神​で​あり」。