内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 66:1‐20

指揮へ。歌,調べ。 66  地すべて[の者]よ*向かっ勝利叫び上げよ+   そのみ名栄光調べ奏でよ+その賛美栄光あるものせよ+   申し上げよ,「あなたみ業いう畏怖抱かせるものでしょ+あなた満ちあふれるゆえに,あなたへつらいながらみもとます+   地すべて[の者]はあなたかがめ+あなた調べで,そのみ名調べ奏でます+」。セラ。   あなた方て,働き見よ+*対するその扱い畏怖起こさせる+   []は変え乾いされ+彼ら歩い渡っ+そのわたしたちは[]にあっ歓ぶようなっ+   []はその力強さよっ定めない至るまで支配おられる+その諸国見張る+強情たちついは,彼ら自らうち高められることありませよう+。セラ。   もろもろよ,わたしたちほめたたえよ+[]へ賛美響かせよ+   []はわたしたちうち*置いくださる+[]はわたしたちよろめくこと許さなかっ+ 10  よ,あなたわたしたち調べられからです+あなた精錬するときように,わたしたち精錬まし+ 11  あなたわたしたち狩猟引き入れ+わたしたち圧迫加えられました。 12  あなた死すべき人間わたしたち乗り越えさせまし+わたしたち通り,水通っまし+あなたわたしたち安らぎ連れ出さまし+ 13  わたし焼燔捧げ物携えあなた入り+わたし誓約あなた果たします+ 14  わたし言い表わした[誓約+],わたし窮境陥っときに,わたし語っその[誓約]を+ 15  わたし肥え家畜焼燔捧げ物+雄羊犠牲あなたささげます。わたし雄牛雄やぎ供えます+。セラ。 16  すべて恐れるて,聴け+わたしは[]がわたしためくださっこと+話そう。 17  わたし自分で[]に呼びかけ+わたしほめたたえることあっ+ 18  もしわたし有害こと考えなら,エホバ*は[わたし言うことを]聞かないあろ+ 19  確か聞いくださっ+わたし祈り注意払っくださっ+ 20  ほめたたえられるように。[]はわたし祈り退けず,また,そのある親切わたしから[退けられなかっ+]。

脚注

字義,「全地よ」。複数動詞伴う。一 10:24,「人々」の脚注比較。
「人」。ヘ語,アーダーム。
または,「魂生きいるたちに」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。