詩編 64:1‐10

指揮者へ。ダビデの調べ。 64  よ,気遣いを示すわたしの声を聞いてください+敵の怖ろしさからわたしの命を守ってくださいますように+   悪を行なう者たちの内密の話+から,有害なことを習わしにする者たちの騒ぎ+から,わたしを覆い隠してくださいますように。   彼らはその舌をさながら剣のように研ぎ+自分の矢,苦々しい言葉をねらい定めました+   それは,とがめのない者を隠れ場から射るためです+彼らは突然,彼を射て,恐れません+   彼らは悪い言葉を専らにし+わなを隠すことについて公言します+彼らは言いました,「だれがそれを*見るものか」と+   彼らはしきりに不義のことを探り出します+彼らは,巧みに探り出された,抜け目のない計略を隠しました+各々の内なる所,すなわち[その人の]心は深いのです+   しかし,は突然,矢で彼らを射ます+彼らに傷が生じました+   彼らは人をつまずかせます+[しかし,]その舌は彼ら自身を攻めるのです+彼らを見る者はみな頭を振り+   地の人はみな恐れます+彼らはの働きについて告げ+そのみ業に必ず洞察力を働かせます+ 10  そして,義なる者はエホバにあって歓び,実際にそのもとに避難します+心の廉直な者はみな誇ります+

脚注

「それ(それら)を」,マソ本,タル,七十訳,ウル訳; シリ訳,「我々を」。