内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 60:1‐12

“諭しゆり”の指揮へ。ミクタム*。ダビデよる。教えため+。彼アラムナハライムおよびアラムツォバ闘い,ヨアブ帰って,“塩谷”でエドム一万二千打ち倒しとき+ 60  よ,あなたわたしたち捨て去り,わたしたち突き破り+いきり立たました。あなたわたしたち元通りくださらなけれなりませ+   あなた激動せ,引き裂かまし+その破れいやしください。それよろめいからです+   あなたご自分辛苦させまし+あなたふらつかせるぶどうわたしたち飲ませまし+   あなたあなた恐れるたちじるし与えられまし+ゆえにジグザグ逃げるよう*。セラ。   あなた愛するたち救い出されるため+どうかあなた右手救い施し,わたしたち*答えください+   ご自身その神聖うち話さまし+「わたし歓喜し,わたしシェケム受け分分け与えよう+わたしスコト低地平原測り分ける+   ギレアデわたしもの。マナセわたしもの+エフライムわたしある要塞。ユダわたし司令+   モアブわたし洗い盤+エドムわたし自分サンダル投げ出す+フィリスティアわたし勝ちどき上げる*+」。   だれわたし攻め囲ま都市連れ行っくれるでしょ+だれわたしエドムまで確実導いくれるでしょ+ 10  よ,それは,わたしたち捨て去っ+わたしたち軍勢行かない,あなたありませ+ 11  どうか苦難から助けわたしたち与えください+よる救い価値ものからです+ 12  よっわたしたち活力+[]ご自身わたしたち敵対踏み砕かれるです+

脚注

16:表題脚注参照。
「ジグザグ走るようと」,語根動詞一つ派生よる; 別派生取れば,「それ見えるようするために」,または,「集合するために」。
「わたしたちに」,マソ本; マソ本欄外,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および多くヘブライ写本,「わたしに」。
シリ訳よる; タル,「フィリスティアことイスラエル会衆歓呼する」。