詩編 57:1‐11

指揮者へ。「滅ぼすな」。ダビデによる。ミクタム*。彼がサウルのために洞くつの中へ逃げたときに+ 57  わたしに恵みを示してください。よ,わたしに恵みを示してください+わたしの魂はあなたのもとに避難したからです+わたしは逆境が過ぎ去るまで,あなたの翼の陰に避難します+   わたしは至高者なるに,わたしのために[それらを]終わらせてくださる[まことの]*呼びかけます+   []は天から[使い]を送り,わたしを救ってくださいます+わたしにかみつこうとする者を必ず混乱させられます+。セラ。はその愛ある親切*と真実*を送ってくださるのです+   わたしの魂はライオンのただ中にあります+わたしはむさぼり食う者たちの中に,人*の子ら[の中に]身を横たえざるをえません。彼らの歯は槍と矢+その舌は鋭い剣です+   ああ,よ,あなたが天の上に高められますように+あなたの栄光が全地の上にあるように+   彼らはわたしの歩みのために網を設けました+わたしの魂は身をかがめました+彼らはわたしの前に落とし穴を掘り抜きました。彼らはその中に落ちました+。セラ。   よ,わたしの心は揺るぎません+わたしの心は揺るぎません。わたしは歌い,調べを奏でます+   わたしの栄光よ,目覚めよ+弦楽器よ,目覚めよ。たて琴よ,あなたもだ+わたしは夜明けを目覚めさせよう。   エホバ*よ,わたしはもろもろの民の中であなたをたたえ+国たみの中であなたに調べを奏でます+ 10  あなたの愛ある親切*は大きく,天に達し+その真実*は空に達するからです+ 11  よ,あなたが天の上に高められますように+あなたの栄光が全地の上にあるように。

脚注

16:表題の脚注参照。
「[まことの]に」。ヘ語,ラーエール。付録1ト参照。
または,「その忠節な愛」。
または,「真理」。
または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
または,「あなたの忠節な愛」。
または,「その真理」。ヘ語,アミッテカー(エメトの変化形)。