詩編 56:1‐13

遠くにいる者たちの中の“黙せるはと*”の指揮者へ。ダビデによる。ミクタム*。フィリスティア人がガトで彼を捕らえたときに+ 56  よ,わたしに恵みを示してください。死すべき人間がわたしにかみつこうとしたからです+彼は一日じゅう戦って,わたしを虐げつづけます+   わたしに敵する者たちは,一日じゅうかみつこうとしました+高慢になってわたしと戦う者が大勢いるからです+   わたしは恐れるときにはどんな日にも,あなたに依り頼みます+   わたしはと共にあってそのみ言葉を賛美します+わたしはに信頼を置きました。わたしは恐れません+肉なる者がわたしに何をなし得るでしょうか+   彼らは一日じゅう,わたしの個人的な事柄に害をもたらします。その考えることは皆,わたしに対して悪をもたらすことです+   彼らは攻撃し,身を覆い隠します+彼らはわたしの歩み*をじっと見つめながら+わたしの魂を待ち受けました+   [その]害悪のために,彼らを追い出してください+よ,怒りのうちにもろもろの民を引き降ろしてください+   わたしが逃亡者であることは,あなたご自身が記載されました+わたしの涙をあなたの皮袋に入れてください+それはあなたの書にあるのではありませんか+   その時,わたしが呼ぶその日に,わたしに敵する者たちは引き返します+このことをわたしはよく知っています。がわたしの味方であることを+ 10  わたしはと共にあって+[その]み言葉を賛美します。わたしはエホバと共にあって[その]み言葉を賛美します+ 11  わたしはに信頼を置きました。わたしは恐れません+地の人*がわたしに何をなし得るでしょうか+ 12  よ,わたしにはあなたに対する誓約があります+わたしはあなたに感謝の表現をささげます+ 13  あなたはわたしの魂*を死から救い出してくださったからです+[あなたは]わたしの足をつまずきから[救い出してくださったのでは]ありませんか+それは,[わたしが]*のみ前で,生きている者たちの光*のうちを歩き回れるためです+

脚注

「“沈黙のはと”,遠くにいる者たち」と読むのかもしれない。わずかな訂正により,「遠くにある大木の“はと”」。
16:表題の脚注参照。
「歩み」。字義,「かかと」。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「わたしの」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル,「エホバ」。
「光」,マソ本,タル,七十訳,ウル訳; シリ訳,「地」。