内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 56:1‐13

遠くいるたちの“黙せるはと*”の指揮へ。ダビデよる。ミクタム*。フィリスティアガト捕らえとき+ 56  よ,わたし恵み示しください。死すべき人間わたしかみつこからです+一日じゅう戦って,わたし虐げつづけます+   わたし敵するたちは,一日じゅうかみつこまし+高慢なっわたし戦う大勢いるからです+   わたし恐れるときどんなも,あなた依り頼みます+   わたしあっそのみ言葉賛美ます+わたし信頼置きました。わたし恐れませ+なるわたしなし得るでしょ+   彼ら一日じゅう,わたし個人事柄もたらします。その考えること皆,わたし対しもたらすことです+   彼ら攻撃し,身覆い隠します+彼らわたし歩み*じっ見つめながら+わたし待ち受けまし+   [その]害悪ために,彼ら追い出しください+よ,怒りうちもろもろ引き降ろしください+   わたし逃亡あることは,あなたご自身記載まし+わたしあなた皮袋入れください+それあなたあるありませ+   その時,わたし呼ぶそのに,わたし敵するたち引き返します+このことわたしよく知っます。わたし味方あること+ 10  わたしあっ+[その]み言葉賛美ます。わたしエホバあって[その]み言葉賛美ます+ 11  わたし信頼置きました。わたし恐れませ+*わたしなし得るでしょ+ 12  よ,わたしあなた対する誓約あります+わたしあなた感謝表現ささげます+ 13  あなたわたし*から救い出しくださっからです+[あなたは]わたしつまずきから[救い出しくださっは]ありませ+それは,[わたしが]*み前で,生きいるたち*うち歩き回れるためです+

脚注

「“沈黙はと”,遠くいるたち」と読むしれない。わずか訂正より,「遠くある大木の“はと”」。
16:表題脚注参照。
「歩み」。字義,「かかと」。
「地人」。ヘ語,アーダーム。
「わたし」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル,「エホバ」。
「光」,マソ本,タル,七十訳,ウル訳; シリ訳,「地」。