内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 55:1‐23

弦楽器指揮へ。マスキル*。ダビデよる。 55  よ,わたし祈り向けください+恵み求めるわたし願いからご自分隠さないください+   わたし注意払い,わたし答えください+わたし自分気遣いよっ不安駆ら+動揺表わさいらません。   それため,邪悪加える圧迫ゆえです+彼ら有害ことわたし落としつづけ+怒りうちわたし対し敵がい抱きます+   わたしは,わたし激しく痛んます+恐れわたし降り懸かりまし+   恐れが,そうです,おののきわたし入り+身震いわたし覆います。   それで,わたし言いつづけます,「ああ,はとようあっなら+わたし飛ん行って,住むあろ+   見よ,わたし遠く飛ん行き+荒野宿るあろ+。―セラ ―   わたし疾風*から,大あらしから離れ+わたし逃れ場急い行くあろに」。   エホバ*よ,彼ら国語混乱せ,分裂ください+わたし暴虐言い争いからです+ 10  彼らその城壁を[歩いて]周囲巡ります+害悪難儀そのあるです+ 11  逆境そのあります。その公共広場から,虐げ欺まん離れ去りませでし+ 12  わたしそしるようなっないからです+そうなければ,わたし耐えられでしょう。わたし向かっ威張っは,わたし激しく憎むありませでし+そうなければ,わたしそのから覆い隠せことでしょ+ 13  そうなく,それわたし並ぶあっ死すべき人間+わたし親密者,わたし知己あっあなただっ+ 14  わたしたち親愛抱くだっから+わたしたち群集歩いものだっ+ 15  荒廃彼らに[臨め+]!彼ら生きままシェオル下っ行け+外国居留いる間,彼ら悪いことあっからある+ 16  しかしわたしは,呼ばわる+すると,エホバご自身わたし救っくださる+ 17  わたしに,気遣い示さいらず,うめき声上げる+そして,[]はわたし聞いくださる+ 18  わたし対する戦いから,[]は必ずわたし請け戻し,安らぎを[与えて]くださる+彼ら大挙わたし攻めかかっから+ 19  *聞いて,彼ら答えられるあろ+同じように[み座に]座しおられるその+ ― セラ ―彼ら変わること*ないあり+恐れなかったちある+ 20  彼自分平和暮らしいるたち向かっ突き出し+自分契約汚し+ 21  彼口[の言葉]はバターより*滑らか+しかし,その戦い傾く*+言葉より柔らかい+しかし,それ抜き身ある+ 22  あなた重荷*エホバご自身ゆだねよ+そうすれば,[]が自らあなた支えくださる+[]はなるよろめかされること決してお許しならない+ 23  しかし,よ,あなた彼ら最も低い陥れられます+負う,欺まん満ちたち*は,自分日数半ば生きることありませ*+しかしわたしは,あなた依り頼むです+

脚注

32:表題脚注参照。
「極点達する風」,ここ分詞派生取ることより。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「神」。ヘ語,エール。
または,「[人生の]浮き沈み」; または,「相互債務」。
「バターよりも」,マソ本訂正することよる。
字義,「戦い(戦争)である」。
または,(与えられる)「分」。
字義,「血(複)と欺まん人々」。
字義,「日数半分ない」。