アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 52:1-9

指揮者へ。マスキル*。ダビデによる。エドム人ドエグが来て,サウルに告げ,ダビデがアヒメレクの家に来たと彼に言ったときに+ 52  力ある者よ,なぜお前は悪いことを誇るのか+ *の愛ある親切*は一日じゅう[絶えることがない+]。   お前の舌は逆境をたくらむ。かみそりのように鋭利で+ 欺まんを働く*+   お前は善いことよりも悪いことを+ 義を語ることよりも偽りを愛した+。セラ。   欺まんに満ちた舌*+ お前はむさぼり食うすべての言葉を愛した+   ご自身がお前を永久に引き倒される+ []はお前を打ち倒して,[その]天幕からお前を引き離し+ 生ける者の地から必ずお前を根こぎにされる+。セラ。   そして,義なる者たちは[それを]見て,恐れを抱き+ 彼のことを笑うであろう+   ここに強健な人がおり,[彼は]を自分の要塞とせず+ 自分の豊かな富に依り頼み+ 自らによる逆境に避難する+   しかし,わたしはの家の生い茂ったオリーブの木のようになり+ 定めのない時に至るまで,まさに永久にの愛ある親切に依り頼む+   わたしは定めのない時に至るまであなたをたたえます。あなたが行動を起こしてくださったからです+ わたしはあなたの忠節な者たちの前で,あなたのみ名に望みを置きます。それは良いものだからです+

脚注

32:表題の脚注参照。
「神」。ヘ語,エール。
または,「神の忠節な愛」。
または,「欺まんを働く者よ,破滅を来たす事柄をお前はたくらむ。お前の舌はかみそりのように鋭利である」。
字義,「欺まんの舌」。