内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 49:1‐20

指揮へ。コラたち+よる。調べ。 49  もろもろよ,これ聞け。事物体制*住むすべて+,耳向けよ。   人間*も,人*も,富んいる貧しい共々+   わたし知恵こと語り+わたし黙想理解ことついある+   わたし格言ことば傾け+たて琴合わせわたしなぞ明かそ+   なぜ災いわたし恐れる必要あるだろ+わたし押しのけるたち*とがわたし取り囲む[日+]。   自分資産依り頼んいるたち+自分豊か誇りいるたち+   だれひとり*て,兄弟さえ決して請け戻すことできない+また,彼ため贖い*ささげることも[できない]。   (彼ら*請け戻す代価非常貴重ある+定めないまであり得ないものなった。)   彼なお永久生き続けさせ,坑見ることないようさせよう+ 10  彼は,賢いたちさえ死ぬ+愚鈍道理わきまえない滅びうせる+彼ら自分資産残さざるなくなる見るからある+ 11  彼ら内心願い*は,自分たち定めない至るまで存続+自分たち幕屋代々至るまで[存続する]ことある+彼ら自分地所自分呼ん+ 12  といえ,地*,誉れ受けも,とどまり続けることできない+その滅ぼさ*比べられる+ 13  これが,愚鈍あるたち+の,また,彼ら自ら能弁*楽しむたちある。セラ。 14  彼らように,まさしくシェオル定められ*+彼ら牧する*あろ+廉直たち彼ら従え+彼ら*やせ衰える+高大住まいなく,シェオル各々ためもの*なる+ 15  しかし,ご自身わたしシェオルから請け戻しくださる+わたし受け入れくださるからだ。セラ。 16  ある+その栄光増し加わっも,そのため恐れならない+ 17  彼死ぬとき,何携え行くことできないから+その栄光伴っ下ることない+ 18  その生きいる間,彼自分祝福つづけから+(人々あなた自分ためうまくやるあなたたたえる+。) 19  [彼は]*,ついに父祖たち世代行き着くすぎない+彼らもう決してない+ 20  地は,誉れ受けも,理解示さないなら*+滅ぼさ比べられる+

脚注

「事物体制」。または,「命存続期間」。ヘ語,ハーレド。
「人間」。ヘ語,アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「わたし押しのけるたち」,母音符号打ち方変えることよる; マソ本,「わたしかかと」。
「だれひとり」。ヘ語,イーシュ。
または,「自分自身ため贖い」。字義,「彼覆い」。ヘ語,コフロー。
「彼らの」,マソ本,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「彼の」。
「彼ら内心願い」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「彼ら墓」。
「といえ,は」。ヘ語,ウェアーダーム
または,「沈黙られた」。
字義,「口」。
字義,「彼らは[自らを]……シェオル定めた」。動詞訂正することより,「彼らは……シェオル下る(落ちる)であろう」。
または,「を養い育てる[のする]」。
「彼ら岩」,マソ本欄外
または,「シェオルためもの」,すなわち,そのグループ各人ためもの。
字義,「それは」,女性形。「魂」を指す。
「理解示さないなら」,マソ本; 12前半合わせヘブライ動詞語形変えることより,「とどまり続けることない」。