詩編 48:1‐14

歌。コラの子たちの調べ+ 48  エホバは大いなる方。わたしたちのの都+その聖なる山において+大いに賛美されるべき方+   高大さのために美しく,全地の歓喜であるもの+それは北の端にあるシオンの山+偉大なの町+   その住まいの塔では,ご自身が堅固な高台として知られるようになった+   見よ,王たちも申し合わせて会い+共に通り過ぎて行ったからである+   彼らは自ら見た。そのために彼らは驚き惑った。彼らはかき乱され,恐慌にとりつかれた+   おののきがそこで彼らを捕らえた+子を産む女のような産みの苦しみが+   あなたは東風によってタルシシュの船を難破させられる+   わたしたちはまさしく自分の聞いた通りであるのを見た+万軍のエホバの都,わたしたちのの都で+ご自身がそれ*を定めのない時に至るまで堅く立てられる+。セラ。   よ,わたしたちはあなたの神殿の中で+あなたの愛ある親切を熟考しました+ 10  よ,あなたのみ名+と同じく,あなたの賛美も地の境にまで及ぶのです。あなたの右手はまさしく義に満ちています+ 11  あなたの司法上の定めのために+,シオンの山+が歓びますように。ユダに依存する町々*が喜びますように+ 12  あなた方はシオンを巡り,その周りを歩き+その塔を数えよ+ 13  その塁壁にあなた方の心を留めよ+その住まいの塔を調べよ*それを後の世代に詳しく話すために+ 14  このは定めのない時に至るまで,まさに永久にわたしたちのだからである+[わたしたちが]死に至るまで*,[]ご自身がわたしたちを導いてくださる+

脚注

「それ」,女性形。「都」を指している。
「ユダに依存する町々」。字義,「ユダの娘たち」。民 21:25の脚注と比較。
「調べよ」,訂正による; ヘ語,パッセグー,意味は明確でない; 七十訳,ウル訳,「区分せよ」。
マソ本は明確でない; 七十訳,ウル訳,「永久に」。