詩編 46:1‐11

指揮者へ。コラの子たちによる+,“乙女ら*”に合わせて。歌。 46  *はわたしたちのための避難所,力であり+苦難のときに容易に見いだされる助けである+   それゆえに,わたしたちは恐れない。たとえ地が変わろうとも+山々がよろめいて広大な海の真ん中に移ろうとも+   たとえその水が騒ぎ立ち,泡だってこぼれようとも+山々がそのどよめきに激動しようとも+。セラ。   川があり,その流れはの都+を,至高者の最も聖なる壮大な幕屋*+を歓ばせる。   は[その都の]*中におられる+。それはよろめかされることがない+は朝の訪れのときにそれを助けられる+   諸国の民は騒ぎ立ち+,もろもろの王国はよろめいた。[]は声を響き渡らせ*,地は溶けていった+   万軍のエホバ*はわたしたちと共におられる+ヤコブの*はわたしたちのための堅固な高台である+。セラ。   あなた方は来て,エホバ*の働きを見よ+[]が驚くべき出来事を地に置かれたのを+   []は地の果て*に至るまで戦いをやめさせておられる+[]は弓を折り,槍を断ち切り+もろもろの車*を火で焼かれる+ 10  「あなた方は断念せよ。わたしがであることを知れ+わたしは諸国民の中で高められ+地で高められる+」。 11  万軍のエホバ*はわたしたちと共におられる+ヤコブのはわたしたちのための堅固な高台である+。セラ。

脚注

「乙女ら」。ヘ語,アラーモート。代一 15:20の脚注参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「壮大な幕屋」。字義,「幕屋」(複)。偉観を表わす複数形。42:5,「救い」の脚注と比較。
字義,「彼女の」。都を指す。
字義,「声と共にお与えになり」。
付録1ハ§10参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
付録1ハ§10参照。
エレ 25:31,33の脚注参照。
「もろもろの車」,マソ本,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「もろもろの大盾」。
付録1ハ§10参照。