内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 43:1‐5

43  神​よ,わたし​を​裁き+忠節​で​ない​*国民​に​対する​わたし​の​訴訟​を​処理​し​て​ください+欺まん​と​不義​の​人​から​わたし​を​逃れ​させ​て​ください+   あなた​は​わたし​の​要塞​の​神​だ​から​です+なぜ​あなた​は​わたし​を​捨て去ら​れ​た​の​です​か。なぜ​わたし​は​敵​の​虐げ​の​ゆえに​悲しん​で​歩き回る​の​です​か+   あなた​の​光​と​真理​と​を​送り出し​て​ください+それら​が​わたし​を​導い​て​*くれ​ます​よう​に+それら​が​わたし​を​あなた​の​聖​なる​山​と​あなた​の​大いなる​幕屋​へ​連れ​て​行っ​て​くれ​ます​よう​に+   そして,わたし​は​神​の​祭壇​へ+わたし​の​歓喜​の​歓び​で​ある​神​*の​もと​へ​行く​の​です+そして,,わたし​の​神​*,わたし​は​たて琴​を[奏で​て]あなた​を​たたえ​ます+   わたし​の​魂​よ,なぜ​お前​は​絶望​し​て​いる​の​か+なぜ​お前​は​わたし​の​内​で​騒ぎ立つ​の​か。神​を​待ち望め+わたし​は,わたし​自身​の​大いなる​救い,わたし​の​神​と​し​て,なおも​この​方​を​たたえる​から​だ+

脚注

または,「愛​ある​親切​を​持た​ない」。
「わたし​を​慰め​て」,シリ訳​および​三つ​の​ヘブライ​語​写本。
「神」。ヘ語,エール。
,わたし​の​神​よ」,マソ本(ヘ語,エローヒーム エローハーイ),七十訳​アレ写,シリ訳,ウル訳; タル,七十訳​バチ写,「わたし​の​神​エホバ​よ」。