内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 38:1‐22

ダビデ​の​調べ。思い出さ​せる​ため​に。 38  エホバ​よ,憤り​の​うち​に​わたし​を​戒め​ない​で​ください+また,激しい​怒り​の​うち​に​わたし​を​正さ​ない​で​ください+   あなた​の​矢​が​わたし​の​奥深く​突き刺さり+あなた​の​み手​が​わたし​の​上​に​のしかかっ​て​いる​から​です+   あなた​の​糾弾​の​ゆえに,わたし​の​肉​に​は​健全​な​所​は​あり​ませ​ん+わたし​の​罪​の​ため​に,わたし​の​骨​に​は​平安​は​あり​ませ​ん+   わたし​の​とが​が​わたし​の​頭​を​越え​た​から​です+重い​荷​の​よう​に,それら​は​わたし​に​とっ​て​重すぎる​の​です+   わたし​の​愚か​さ​の​ゆえに,わたし​の​傷​は​悪臭​を​放ち,うみ​を​持ち​まし​た+   わたし​は​度​を​失い,極度​に​身​を​かがめ+一日​じゅう​悲しみ​を​抱い​て​歩き回り​まし​た+   わたし​の​腰​は​全体​が​燃える​よう​な​熱​に​冒さ​れ,わたし​の​肉​に​は​健全​な​所​は​ない​から​です+   わたし​は​感覚​を​失い,極度​に​打ちひしが​れ,心​の​うめき​の​ため​に​大声​を​上げ​まし​た+   エホバ​*よ,わたし​の​願い​は​すべて​あなた​の​み前​に​あり,わたし​の​溜め息​も​あなた​から​覆い隠さ​れ​ませ​ん​でし​た+ 10  わたし​の​心臓​は​激しく​鼓動​し,わたし​の​力​は​わたし​を​去り​まし​た。わたし​の​目​の​光​も​また,わたし​と​共​に​は​あり​ませ​ん+ 11  わたし​を​愛する​者​*や​わたし​の​友​は​と​いう​と,彼ら​は​わたし​の​災厄​から​離れ​て​立っ​て​おり+わたし​の​親しい​知人​も,離れ​た​所​に​立ち​まし​た+ 12  しかし,わたし​の​魂​を​求める​者​たち​は​わな​を​仕掛け+わたし​に​災い​を​もたらそ​う​と​する​者​たち​は​逆境​に​つい​て​語り​まし​た+彼ら​は​一日​じゅう​欺まん​を​つぶやき​つづけ​ます+ 13  しかし​わたし​は,耳​の​聞こえ​ない​者​の​よう​に​聴こ​う​と​せ​ず+物​の​言え​ない​者​の​よう​に​口​を​開こ​う​と​は​し​ませ​ん​でし​た+ 14  そして,わたし​は​聞い​て​い​ない​者​の​よう​に​なり,わたし​の​口​に​反論​は​あり​ませ​ん​でし​た。 15  それ​は,エホバ​よ,わたし​が​あなた​を​待ち望ん​だ​から​です+わたし​の​神​エホバ​*よ,あなた​ご自身​が​答え​て​くださっ​た​の​です+ 16  わたし​は​こう​言っ​た​から​です。「さもなければ,彼ら​は​わたし​の​こと​で​歓ぶ​だろ​う+わたし​の​足​が​よろめき行く​なら+,彼ら​は​必ず​わたし​に​向かっ​て​威張る​だろ​う+」。 17  わたし​は​びっこ​を​引き​そう​に​なり+わたし​の​痛み​は​絶え​ず​わたし​の​前​に​あっ​た​から​です+ 18  わたし​は​自分​の​とが​を​言い表わし+自分​の​罪​に​つい​て​思い煩う​よう​に​なっ​た​から​です+ 19  そして,生き​て​いる​わたし​の​敵​は​力強く​なり+何​の​根拠​も​なく​わたし​を​憎む​者​は​多く​なり​まし​た+ 20  彼ら​は​善​に​対し​悪​を​もっ​て​わたし​に​報い+わたし​が​善い​こと​を​追い求める​こと​に​対し,わたし​に​抵抗​し​て​応じ​まし​た*+ 21  エホバ​よ,わたし​を​捨て​ない​で​ください。わたし​の​神​よ,わたし​から​遠く​離れ​ない​で​ください+ 22  急い​で​わたし​を​助け​に​来​て​ください+わたし​の​救い​で​ある​エホバ​*+

脚注

書写​の​際​YHWH​が​アドーナーイ​に​変え​られ​た​134​箇所​の​一つ。付録1ロ参照。
または,「わたし​の​友人」。
9​節の​脚注​参照。
または,「わたし​に​敵対​する​者サタン)たち​と​なり​まし​た」。ヘ語,イステヌーニー。
9​節の​脚注​参照。