アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 37:1-40

ダビデによる。 א [アーレフ]* 37  悪を行なう者たちのために激こうしてはならない+ 不義を行なう者たちをうらやんではならない+   彼らは草のように速やかに枯れ+ 緑の若草のように衰えるからだ+ ב [ベート]   エホバに依り頼み,善を行なえ+ 地に住み,忠実さをもって行動せよ+   また,エホバを無上の喜びとせよ+ そうすれば,[]はあなたの心の願いをかなえてくださる+ ג [ギメル]   あなたの道をエホバの上に転がし+ []に頼れ+。そうすれば,[]ご自身が行動してくださる+   そして[]は,あなたの義をまさに光のように+ あなたの公正を真昼のように,必ず生じさせてくださる+ ד [ダーレト]   エホバの前に黙していよ+ []を切に待ち望め+ 自分の道を成功させる者+ [自分の]考えを遂げる者に向かって激こうしてはならない+ ה [ヘー]   怒りをやめ,激怒を捨てよ+ 激こうし,そのためにただ悪を行なうことになってはならない+   悪を行なう者たちは断ち滅ぼされるが+ エホバを待ち望む者たちは,地を所有する者となるからである+ ו [ワーウ] 10  そして,ほんのもう少しすれば,邪悪な者はいなくなる+ あなたは必ずその場所に注意を向けるが,彼はいない+ 11  しかし柔和な者たちは地を所有し+ 豊かな平和にまさに無上の喜びを見いだすであろう+ ז [ザイン] 12  邪悪な者は義なる者をたくらみに掛けようとし+ これに向かって歯がみしている+ 13  エホバ*が彼を笑われる+ 彼の日が来るのを確かに見ておられるからだ+ ח [ヘート] 14  邪悪な者たちは剣を抜き,その弓を引いた+ 苦しんでいる貧しい者を倒れさせるため+ 道の廉直な者たちをほふるためである+ 15  その剣は彼らの心臓に突き入り+ その弓も折られるであろう+ ט [テート] 16  義なる者の持つ少しのものは+ 多くの邪悪な者たちの持つ豊かなものにまさる+ 17  邪悪な者たちの腕は折られるが+ エホバは義なる者たちを支えてくださるからである+ י [ヨード] 18  エホバはとがのない者たちの日々を知っておられ+ 彼らの相続物は定めのない時までも保つ+ 19  彼らは災いの時にも恥をかかず+ 飢きんの日にも満ち足りる+ כ [カフ] 20  邪悪な者たちは滅びうせ+ エホバに敵する者たちは牧場の貴重なもののようになるからだ。 彼らは必ずその終わりを迎える+。煙となって必ず終わりを迎える+ ל [ラーメド] 21  邪悪な者は借りはするが,返さない+ しかし,義なる者はいつも恵みを示し,贈り物をする+ 22  その祝福を受ける者たちは地を所有するが+ []に災いを呼び求められる者たちは断ち滅ぼされるからである+ מ [メーム] 23  強健な人の歩みはエホバによって定められ+ []はその人の道を喜びとされる+ 24  彼は倒れはしても,投げ落とされることはない+ エホバがその手を支えておられるからだ+ נ [ヌーン] 25  わたしはかつては若者であったが,わたしもまた年老いた+ だが,義なる者が完全に捨てられるのを見たことも+ その子孫*がパンを捜し求めるのを[見たこと]もない+ 26  一日じゅう彼は恵みを示し,貸し与える+ それで,彼の子孫は祝福を受けることになる+ ס [サーメク] 27  悪いことから遠ざかり,善いことを行なえ+ そして,定めのない時に至るまで住むようにせよ+ 28  エホバは公正を愛される方であり+ その忠節な者たちを捨てられないからである+ע [アイン]彼らは定めのない時に至るまで*必ず守られる+ しかし邪悪な者たちの子孫は,まさしく断ち滅ぼされるであろう+ 29  義なる者たちは地を所有し+ そこに永久に住むであろう+ פ [ペー] 30  義なる者の口は小声で知恵を述べる[口+], 彼の[舌]は公正を語る舌+ 31  そのの律法は彼の心の中にあり+ その足取りはよろけない+ צ [ツァーデー] 32  邪悪な者は絶えず義なる者をうかがい+ 彼を死に至らせようとしている+ 33  しかしエホバは,彼をその者の手に捨て置かれず+ 彼が裁きを受けるとき,これに邪悪な者であるとの宣告を下されることはない+ ק [コーフ] 34  エホバを待ち望み,その道を守れ+ そうすれば,[]はあなたを高めて地を所有させてくださる+ 邪悪な者たちが断ち滅ぼされるとき,あなたは[それを]見るであろう+ ר [レーシュ] 35  わたしは,邪悪な者が圧制者であるのを+ 自生地に生い茂った[木]のように伸び広がる*のを見た+ 36  しかし彼は過ぎ去ってゆき,もういなかった*+ わたしは彼を捜しつづけたが,見つからなかった+ ש [シーン] 37  とがめのない者に注目し,廉直な者を見つめよ+ [その]人の将来は平安だからである+ 38  しかし,違犯をおかす者たちは必ず共に滅ぼし尽くされ+ 邪悪な者たちの将来はまさしく断ち滅ぼされるであろう+ ת [ターウ] 39  そして*,義なる者たちの救いはエホバから来る+ []は苦難の時の彼らの要塞である+ 40  そして,エホバは彼らを助けて,逃れさせてくださる+ 彼らを邪悪な者たちから逃れさせ,救ってくださる+ 彼らが[]のもとに避難したからである+

脚注

マソ本ではこの詩は折り句<アクロスティック>,すなわちヘブライ語のアルファベット順に配列されている。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
または,「胤」。
前置詞「に至るまで」(ל)を省くと,この行は折り句<アクロスティック>のヘブライ語字母アインで始まることになる。
「伸び広がる」。字義,「自らを注ぎ出す」。
マソ本による; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「わたしは通り過ぎたが,見よ,彼はもういなかった」。
接続詞「そして」(ו)を省くと,この行は折り句<アクロスティック>のターウ,すなわち,ヘブライ語アルファベットの最後の字母で始まる。