内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 35:1‐28

ダビデよる。 35  エホバ*よ,わたし反対するたち対しわたし訴え取り上げください+わたし戦うたち対し戦っください+   丸盾大盾取り+わたし救助立ち上がっください+   どうか両刃抜き,わたし追跡するたち立ち向かっください+わたし言っください,「わたしお前救いある+」と。   わたしつけねらっいるたちかき,辱められますよう+わたし災いたくらんいるたち後退られ,恥じ入りますよう+   彼らもみがらようなりますよう+エホバ使いに[彼らを]追い立てさせください+   彼ら闇,また,滑りやすい+エホバ使い彼ら追跡ください。   彼ら理由なく,網張っあるわたしため隠し+理由なく,わたしため*それ掘っからです+   彼気づかないうち滅び臨むよう+自分隠し自分自身捕らえるよう+滅びその落ちるよう+   しかしわたしは,エホバあっ喜び+その救い歓喜するよう+ 10  わたしみな言いますよう+「エホバよ,あなたようだれいるでしょ+[あなたは,]苦しんいるそれより強いから救い出し+苦しんいる貧しいを,これ強奪するから[救い出しくださるです+]」。 11  暴虐証人たち立ち上がり+わたし知らなかっこと問い立てます+ 12  彼ら対し+わたし喪失もっわたし報います+ 13  しかしわたしいうと,彼ら病気なると,わたし衣服粗布なり+断食よっ自分苦しめ+わたし祈りわたし帰るでし+ 14  友ついは,わたし兄弟つい+わたし服するよう歩き回りまし+わたし悲しんで,身かがめました。 15  しかし,わたしびっこ引くと,彼ら歓んで,寄り集まりまし+彼らわたし向かっ寄り集まり+わたし知らないに[わたしを]打ち倒し+[わたしを]引き裂いて,静まりませでし+ 16  菓子ためあざける背教たち*+わたし対する歯がみありまし*+ 17  エホバ*よ,いつまで[それを]見おられるです+わたし彼ら破壊から,わたしただ一つの[魂*]を+,たてがみある若いライオンから引き戻しください+ 18  わたし大きな会衆*あなたたたえます+大勢あなた賛美するです+ 19  根拠なくわたしなっいるたちが,わたしこと歓ぶことありませよう+理由なくわたし憎んいるたちが,目配せすることありませよう+ 20  彼ら話す平和ありませ+彼らおとなしいたち向かっ欺まん事柄たくらみ続けるです+ 21  彼らわたし向かっ大きく開けます+彼ら言いました,「ははあ,ははあ,我々は[それを]見た」と+ 22  エホバ*よ,あなたご覧なりまし+。沈黙ないください*+エホバ*よ,わたしから遠く離れないください+ 23  身起こし*,わたし裁きため覚ましください+わたし,エホバ*よ,わたし訴訟ため+ 24  わたしエホバ*よ,あなたしたがってわたし裁いください+彼らわたしこと歓ぶことありませよう+ 25  彼らで,「ははあ,我々よ!*」と言うことありませよう+彼らが,「我々呑み込んだ」と言うことありませよう+ 26  わたし災い喜ぶたち+かき,恥じ入りますよう+わたし向かっ威張るたち+,恥辱め着せられますよう+ 27  わたし喜んいるたち歓呼し,歓びますよう+彼ら絶え言いますよう+「ご自分平安喜びされるエホバ*大いなるものされますように」と+ 28  そして,わたしあなた+一日じゅうあなた賛美小声述べますよう+

脚注

付録1ハ§10参照。
「わたしために」。ヘ語,レナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
「菓子ためあざける背教たち」,すなわち,不敬虔道化。
「歯がみありました」。ヘブライここ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
字義,「わたしただ一つもの」,女性形。「わたし魂」(女性形)を指しいる。
「大きな会衆で」。ヘ語,ベカーハール ラーヴ; ギ語,エックレーシアーイ; ラ語,エックレーシアー
付録1ハ§10参照。
または,「耳聞こえないならないください」。
17,「エホバ」の脚注参照。
「エホバよ,身起こし」,七十訳。
17,「エホバ」の脚注参照。
付録1ハ§10参照。
すなわち,『我々欲しがっもの!』
付録1ハ§10参照。