内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 34:1‐22

ダビデ​に​よる。アビメレク​の​前​で​狂気​を​装い+,その​ため​彼​に​追い出さ​れ​て,去っ​て​行っ​た​とき。 א [アーレフ]* 34  わたし​は​常​に​エホバ​を​ほめたたえ​よう+その​賛美​は​絶え​ず​わたし​の​口​に​ある+ ב [ベート]   わたし​の​魂​は​エホバ​を​誇り​と​する+柔和​な​者​たち​は​聞い​て,歓ぶ+ ג [ギメル]   あなた方​は​わたし​と​共​に​エホバ​を​大いなる​もの​と​せよ+わたしたち​は​相​共​に​その​み名​を​高め​よう+ ד [ダーレト]   わたし​が​尋ねる​と,エホバ​は​わたし​に​答え​て​くださり+わたし​の​すべて​の​怖れ​から​わたし​を​救い出し​て​くださっ​た+ ה [ヘー]   彼ら​は[]を​仰ぎ見​て,光り輝い​た+彼ら​の​顔​が​恥​を​かく​こと​は​あろ​う​はず​が​なかっ​た+ ז [ザイン]*   この​苦しむ​者​が​呼ぶ​と,エホバ​が​聞い​て​くださっ​た+そして,その​すべて​の​苦難​から​彼​を​救っ​て​くださっ​た+ ח [ヘート]   エホバ​の​み使い​は[]を​恐れる​者​たち​の​周囲​に​陣営​を​張っ​て​おり+彼ら​を​助け出す+ ט [テート]   あなた方​は​エホバ​が​善良​で​ある​こと​を​味わい知れ+その​もと​に​避難​する​強健​な​人​*は​幸い​だ+ י [ヨード]   その​聖​なる​者​たち​よ,エホバ​を​恐れよ+[]を​恐れる​者​たち​は​何​に​も​不足​し​ない​から​だ+ כ [カフ] 10  たてがみ​の​ある​若い​ライオン​も​乏しく​なり,飢え​を​覚え​た+しかし​エホバ​を​求める​者​たち​は,良い​もの​に​少し​も​不足​し​ない+ ל [ラーメド] 11  子​ら​よ,来​て,わたし​に​聞け+わたし​は​あなた方​に​エホバ​へ​の​恐れ​を​教え​よう+ מ [メーム] 12  命​を​喜ん​で​いる​人*+良い​こと​を​見る​ため​の​十分​の​日々​を​愛し​て​いる​者​は​だれ​か+ נ [ヌーン] 13  あなた​の​舌​を​悪​から+あなた​の​唇​を​欺まん​を​語る​こと​から​守れ+ ס [サーメク] 14  悪い​こと​から​遠ざかり,善い​こと​を​行なえ+平和​を​見いだす​よう​に​努め,それ​を​追い求めよ+ ע [アイン] 15  エホバ​の​目​は​義​なる​者​たち​に​向け​られ+その​耳​は​助け​を​求める​彼ら​の​叫び​に​向け​られる+ פ [ペー] 16  エホバ​の​み顔​は​悪​を​行なう​者​たち​に​向かっ​て​いる+彼ら​の​こと​が​語り告げ​られる​の​を​*この​地​から​断ち滅ぼす​ため​で​ある+ צ [ツァーデー] 17  彼ら​が​叫ぶ​と,エホバ​ご自身​が​聞い​て​くださり+その​すべて​の​苦難​から​彼ら​を​救い出し​て​くださっ​た+ ק [コーフ] 18  エホバ​は​心​の​打ち砕か​れ​た​者​たち​の​近く​に​おら​れ+霊​の​打ちひしが​れ​た​者​たち​を​救っ​て​くださる+ ר [レーシュ] 19  義​なる​者​の[遭う]災い​は​多い+しかし,エホバ​は​その​すべて​から​彼​を​救い出し​て​くださる+ ש [シーン] 20  []*は​その​者​の​すべて​の​骨​を​守っ​て​おら​れる。その​一つ​も​折ら​れ​なかっ​た+ ת [ターウ] 21  災い​は​邪悪​な​者​を​死​に​至ら​せ+義​なる​者​を​憎む​者​たち​自身​が​罪科​に​問わ​れる+ 22  エホバ​は​その​僕​たち​の​魂​を​請け戻し​て​*おら​れる+その​もと​に​避難​する​者​は​だれ​も​罪科​に​問わ​れる​こと​は​ない+

脚注

マソ本​で​は​この​詩​は​折り句<アクロスティック>,すなわち​ヘブライ​語​の​アルファベット​順​に​配列​さ​れ​て​いる。
この​折り句<アクロスティック>の​詩編​で​は,ヘー​と​ザイン​の​間​に​ヘブライ​語​アルファベット​の​6​番​目​の​字母​ワーウ​が​抜け​て​いる。
強健​な​人」。ヘ語,ハッゲヴェル
」。ヘ語,ハーイーシュ
または,「彼ら​の​記憶​を」。
「[神](彼)」,マソ本,タル,シリ訳; 七十訳,ウル訳,および​二つ​の​ヘブライ​語​写本,「エホバ」。
「請け戻し​て」。または,「贖っ​て」。ヘ語,ポーデ; ギ語,リュトローセタイ; ラ語,レディメト。