内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 33:1‐22

33  義​なる​者​たち​よ,エホバ​の​ゆえに​喜び叫べ+廉直​な​者​たち​に​あっ​て​賛美​は​ふさわしい+   たて琴​を[奏で​て]エホバ​に​感謝​せよ+十​弦​の​楽器​を[弾い​て​+]に​調べ​を​奏でよ。   新しい​歌​を[]に​向かっ​て​歌い+喜び​の​叫び​と​とも​に,最善​を​つく​し​て​弦​を​奏でよ+   エホバ​の​言葉​は​廉直​で​あり+その​み業​は​すべて​忠実​さ​の​うち​に​なさ​れる​から​で​ある+   []は​義​と​公正​を​愛さ​れる​方+地​は​エホバ​の​愛​ある​親切​に​満ち​て​いる+   エホバ​の​言葉​に​よっ​て​天​が​造ら​れ+み口​の​霊​に​よっ​て​*その​全軍​が[造ら​れ​た+]。   []は​海​の​水​を​せき​*に​よる​か​の​よう​に​集め+逆巻く​水​*を​倉​に​収め​て​おら​れる。   地[の​者]は​皆​*エホバ​を​恐れよ+産出​的​な​地​*に​住む​者​は​皆,[]に​恐れおののけ+   []が​言わ​れる​と,その​よう​に​なり+[]が​命じる​と,それ​は​その​よう​に​立っ​た​から​で​ある+ 10  エホバ​ご自身​が​諸​国民​の​計り事​を​砕き+もろもろ​の​民​の​考え​を​くじか​れ​た+ 11  エホバ​の​計り事​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​立ち+その​心​の​考え​は​代々​に​及ぶ+ 12  エホバ​を​その​*と​する​国民+[]が​その​相続​分​と​し​て​選ば​れ​た​民​は​幸い​だ+ 13  エホバ​は​天​から​見+すべて​の​人​*の​子​ら​を​ご覧​に​なっ​た+ 14  ご自分​の​住む​定まっ​た​場所​から+地​に​住む​すべて​の​者​を​見つめ​られ​た。 15  []は​彼ら​の​心​を​みな​一緒​に​*形造り+その​すべて​の​業​を​考え計っ​て​おら​れる+ 16  軍勢​が​多い​こと​に​よっ​て​救わ​れる​王​は​い​ない+力​ある​者​も​力​が​大いなる​こと​に​よっ​て​救い出さ​れる​の​で​は​ない+ 17  馬​は​救い​の​ため​に​は​欺まん​で​あり+その​活力​が​大いなる​こと​に​よっ​て​逃れ[の​道]を​備える​の​で​は​ない+ 18  見よ,エホバ​の​目​は​ご自分​を​恐れる​者​たち​に+その​愛​ある​親切​を​待ち望む​者​たち​に​向け​られ​て​いる+ 19  彼ら​の​魂​を​死​から​救い出し+飢きん​の​とき​に​彼ら​を​生き​続け​させる​ため​で​ある+ 20  わたしたち​の​魂​は​エホバ​を​待ち望ん​だ+[]は​わたしたち​の​助け主,わたしたち​の​盾​で​ある+ 21  わたしたち​の​心​は[]に​あっ​て​歓び+わたしたち​は​その​聖​なる​み名​に​信頼​を​置い​た​から​だ+ 22  エホバ​よ,あなた​の​愛​ある​親切​が​わたしたち​の​上​に​あり​ます​よう​に+わたしたち​が​あなた​を​待ち望ん​だ​よう​に+

脚注

霊​に​よっ​て」。または,「息​に​よっ​て」。ヘ語,ウーヴェルーアハ; ギ語,プネウマティ; ラ語,スピーリトゥー創 6:17,「活動​し​て​いる」の​脚注​参照。
「皮袋」,七十訳,シリ訳,ウル訳​と​一致​さ​せ​て。
「逆巻く​水」。ヘ語,テホーモート。テホーム​の​複数​形; 七十訳,ウル訳,「底知れ​ぬ​深み」。創 1:2および「深み」の​脚注​参照。
「地[の​者]は​皆」。字義,「全地​は」。しかし,男性​複数​形​の​動詞​を​伴っ​て​いる。創 10:25,「地」の​脚注​と​比較。
「産出​的​な​地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人​の​住む​地」; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地​の。
「その​」。ヘ語,エローハーウ。
「人」。または,「人間」。ヘ語,ハーアーダーム。
または,「心​を​一時(同時)に」。