アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 33:1-22

33  義なる者たちよ,エホバのゆえに喜び叫べ+ 廉直な者たちにあって賛美はふさわしい+   たて琴を[奏でて]エホバに感謝せよ+ 十弦の楽器を[弾いて+]に調べを奏でよ。   新しい歌を[]に向かって歌い+ 喜びの叫びとともに,最善をつくして弦を奏でよ+   エホバの言葉は廉直であり+ そのみ業はすべて忠実さのうちになされるからである+   []は義と公正を愛される方+ 地はエホバの愛ある親切に満ちている+   エホバの言葉によって天が造られ+ み口の霊によって*その全軍が[造られた+]。   []は海の水をせき*によるかのように集め+ 逆巻く水*を倉に収めておられる。   地[の者]は皆*エホバを恐れよ+ 産出的な地*に住む者は皆,[]に恐れおののけ+   []が言われると,そのようになり+ []が命じると,それはそのように立ったからである+ 10  エホバご自身が諸国民の計り事を砕き+ もろもろの民の考えをくじかれた+ 11  エホバの計り事は定めのない時に至るまで立ち+ その心の考えは代々に及ぶ+ 12  エホバをその*とする国民+ []がその相続分として選ばれた民は幸いだ+ 13  エホバは天から見+ すべての人*の子らをご覧になった+ 14  ご自分の住む定まった場所から+ 地に住むすべての者を見つめられた。 15  []は彼らの心をみな一緒に*形造り+ そのすべての業を考え計っておられる+ 16  軍勢が多いことによって救われる王はいない+ 力ある者も力が大いなることによって救い出されるのではない+ 17  馬は救いのためには欺まんであり+ その活力が大いなることによって逃れ[の道]を備えるのではない+ 18  見よ,エホバの目はご自分を恐れる者たちに+ その愛ある親切を待ち望む者たちに向けられている+ 19  彼らの魂を死から救い出し+ 飢きんのときに彼らを生き続けさせるためである+ 20  わたしたちの魂はエホバを待ち望んだ+ []はわたしたちの助け主,わたしたちの盾である+ 21  わたしたちの心は[]にあって歓び+ わたしたちはその聖なるみ名に信頼を置いたからだ+ 22  エホバよ,あなたの愛ある親切がわたしたちの上にありますように+ わたしたちがあなたを待ち望んだように+

脚注

によって」。または,「によって」。ヘ語,ウーヴェルーアハ; ギ語,プネウマティ; ラ語,スピーリトゥー創 6:17,「活動している」の脚注参照。
「皮袋」,七十訳,シリ訳,ウル訳と一致させて。
「逆巻く水」。ヘ語,テホーモート。テホームの複数形; 七十訳,ウル訳,「底知れぬ深み」。創 1:2および「深み」の脚注参照。
「地[の者]は皆」。字義,「全地は」。しかし,男性複数形の動詞を伴っている。創 10:25,「地」の脚注と比較。
「産出的な地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人の住む地」; ラ語,オルベム,「円」,すなわち,地の。
「その」。ヘ語,エローハーウ。
「人」。または,「人間」。ヘ語,ハーアーダーム。
または,「心を一時(同時)に」。