内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

詩編 32:1‐11

ダビデよる。マスキル* 32  自分反抗赦され,その覆われる幸い+   エホバとが負わさない*+その欺まんない幸い+   わたし黙っいると,わたしわたし一日じゅううめく*ため疲れ果てまし+   あなたみ手わたし重くのしかかっからです+わたし潤いは,夏乾燥熱気さらさときよう変えられまし+。セラ。   わたしついに自分あなた告白し,自分とが覆いませでし+わたし言いました,「わたし自分違犯エホバ告白よう」と+すると,あなたわたしとが赦しくださいまし+。セラ。   それゆえに,忠節皆,あなた見いだされるのみ+あなた祈るです+大水はん濫いえども,その触れることありませ+   あなたわたしため隠れ場あり,わたし苦難から保護くださいます+逃れさせる歓呼もって,あなたわたし囲んくださるです+。セラ。   「わたしあなた洞察持たせ,その行くべき教え諭す+わたしあなた留め忠告与えよう*+   あなた方自分理解ないらばようものならない+[それらは]その盛ん勢い手綱端綱よっ制御なけれ+あなた近づかない*+」。 10  邪悪苦痛多い+しかしエホバ*依り頼むついは,愛ある親切*その囲む+ 11  義なるたちよ,エホバ*あっ歓び,喜べ+すべて廉直たちよ,喜び叫べ+

脚注

「マスキル」。ヘ語,マスキール。「めい想詩」という意味しれない。『思慮分別もっ行なう』と訳される同様用いいる二 30:22この意味理解する手掛りなる考えるいる。七十訳,「理解早い」。53:2,「洞察ある」の脚注参照。
「人」。または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「ほえる」。
「わたしあなた留めよう」,わずか訂正より。
または,「それら近づかないよう,その盛ん勢い手綱端綱よっ制御なけれならない」。「それら近づかないよう」と訳される字義は,「近づくことない」。ここヘブライ動詞不定詞合成形。
付録1ハ§10参照。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
付録1ハ§10参照。