アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 29:1-11

ダビデの調べ。* 29  強い者たちの子ら*よ,エホバ*に帰せよ, 栄光と力をエホバ*に帰せよ+   そのみ名の栄光をエホバ*に帰せよ+ 聖なる飾り物を着けてエホバ*に身をかがめよ+   エホバ*の声*は水の上にあり+ 栄光の*+ご自身が雷鳴をとどろかせた+ エホバ*は大水の上におられる+   エホバの声は力に満ち+ エホバの声は光輝に輝く+   エホバの声は杉を砕いている。 エホバはレバノンの杉を粉々に砕かれる+   それらを子牛のように, レバノンとシルヨン*+を野牛*の子らのように跳び回らせる+   エホバの声は火の炎をもって切り出している+   エホバの声が荒野をもだえさせ+ エホバはカデシュ+の荒野をもだえさせる。   エホバの声が雌鹿を産みの苦しみにもだえさせ+ 森林を裸にする*+ そして,その神殿で各々は,「栄光!」と言っている+ 10  大洪水*の上にエホバご自身が座られた+ エホバは定めのない時に至るまで王として座られる+ 11  エホバご自身がその民に力をお与えになる+ エホバご自身が平和をもってその民を祝福される+

脚注

七十訳は,「天幕の祭りの最終日に」を付け加えている; ウル訳は,「幕屋の完成[落成]の際に」を付け加えている。
または,「神々の子ら」; または,「神のような者たち」; または,「神の子ら」。ヘ語,ベネー エーリーム。もしヘブライ語のエーリームがエールの複数形で,威光を表わすなら,この語は「神」を意味する。タル,「み使いたちの隊,神の子らよ」; 七十訳,「神の子らよ」; シリ訳,ウル訳,「雄羊の子らよ」。89:6の脚注およびエール エーリーム(「神々の神」)という表現の出て来るダニ 11:36と比較。
付録1ハ§10参照。
付録1ハ§10参照。
付録1ハ§10参照。
付録1ハ§10参照。
付録1ハ§10参照。
「声」。この表現はこの詩の中に7回出て来る。
「神」。ヘ語,エール。
付録1ハ§10参照。
「シルヨン」。ヘルモン山に対するシドン人の古名。申 3:9参照。
「一角獣」,七十訳,ウル訳。字義,「一本の角のあるもの」,しかし野牛を指す。
「森林を裸にする」。マソ本を訂正することにより,「山やぎに急な出産を起こさせる」。
または,「天の大洋」。創 6:17,「大洪水」の脚注参照。