内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 26:1‐12

ダビデ​に​よる。 26  エホバ​よ,わたし​を​裁い​て​ください+。わたし​は​自分​の​忠誠​の​うち​に​歩み+よろける​こと​の​ない​よう,エホバ​に​依り頼ん​だ​から​です+   エホバ​よ,わたし​を​調べ,わたし​を​試し​て​ください+わたし​の​腎​*と​心​を​精錬​し​て​ください+   あなた​の​愛​ある​親切​は​わたし​の​目​の​前​に​あり,わたし​は​あなた​の​真理​に​よっ​て​歩ん​だ​から​です+   わたし​は​不​真実​な​者​たち​と​共​に​座り​ませ​ん​でし​た+わたし​は​自分​が​どんな​者​か​を​隠す​者​たち​と​共​に​入っ​て​行き​ませ​ん+   わたし​は​悪​を​行なう​者​たち​の​会衆​*を​憎み​まし​た+わたし​は​邪悪​な​者​たち​と​共​に​座り​ませ​ん+   エホバ​よ,わたし​は​全き​潔白​の​うち​に​わたし​の​手​を​洗い+あなた​の​祭壇​を​巡り​ます+   感謝​の​ことば​を​響かせ*+あなた​の​すべて​の​くすしい​業​を​告げ知らせる​ため​に+   エホバ​よ,わたし​は​あなた​の​家​の​住まい​と,あなた​の​栄光​の​住まう​所​+を​愛し​まし​た+   わたし​の​魂​を​罪人​たち​と​共​に,わたし​の​命​を​血​の​罪​を​負っ​た​者​たち​と​共​に​+取り去ら​ない​で​ください*+ 10  彼ら​の​手​に​は,みだら​な​行ない​が​あり+その​右手​は​わいろ​で​満ち​て​い​ます+ 11  しかし​わたし​は,自分​の​忠誠​の​うち​に​歩み​ます+ああ,わたし​を​請け戻し+,恵み​を​示し​て​ください+ 12  わたし​の​足​は​必ず​平たん​な​場所​に​立ち+わたし​は​集合​し​た​群衆​の​中​で​*エホバ​を​賛美​する​の​です*+

脚注

または,「わたし​の​最も​奥深い​感情」。ヘ語,キルヨータイ。
「の​会衆」。ヘ語,ケハル; ギ語,エックレーシアン; ラ語,エックレーシアム。
字義,「感謝​の​声​を​もっ​て​聞こえさせ」。
字義,「集め​ない​で​ください」。
集合​し​た​群衆​の​中​で」。ヘ語,ベマクヘーリーム; ギ語,エックレーシアイス; ラ語,エックレーシイース
「エホバ​を​賛美​する​の​です」,マソ本,タル,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「エホバ​よ,あなた​を​ほめたたえ​ます」。