アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

詩編 25:1-22

ダビデによる。 א [アーレフ]* 25  エホバよ,わたしはあなたにわたしの魂をもたげます+ ב [ベート]   わたしの*,わたしはあなたに信頼を置きました+ わたしが恥をかくことがありませんように。 わたしに敵する者たちが,わたしに勝ち誇ることがありませんように+ ג [ギメル]   また,あなたを待ち望む者はだれも恥じることがありません+ 無益にも不実な行ないをする者たちは恥をかきます+ ד [ダーレト]   エホバよ,あなたの道をわたしに知らせてください+ あなたの道筋をわたしに教えてください+ ה [ヘー]   わたしをあなたの真理によって歩ませ,わたしに教えてください+ あなたはわたしの救いのだからです+ו [ワーウ]*わたしは一日じゅうあなたを待ち望みました+ ז [ザイン]   エホバよ,あなたの憐れみとあなたの愛ある親切*+を思い出してください+ それらは定めのない時からあるからです+ ח [ヘート]   わたしの若い時の罪と反抗とを,どうか思い出さないでください+ あなたの愛ある親切にしたがってわたしを思い出してください+ エホバよ,あなたの善良さのために+ ט [テート]   エホバは善良で,廉直であられる+ それゆえに,罪人たちに道を教え諭される+ י [ヨード]   [は]柔和な者たちを[ご自分の]司法上の定めによって歩ませ+ 柔和な者たちにご自分の道を教えられる+ כ [カフ] 10  その契約*+と諭し+を守り行なう者たちにとって, エホバのすべての道筋は愛ある親切と真実*である。 ל [ラーメド] 11  エホバよ,あなたはそのみ名のために+ わたしのとがを許してくださらなければなりません。それは少なからずあるからです+ מ [メーム] 12  では,エホバを恐れる人とはだれか+ []はその選ぶ道をこれに教え諭される+ נ [ヌーン] 13  その人の魂は善良さのうちに宿り+ その子孫*は地を所有する+ ס [サーメク] 14  エホバとの親密さは[]を恐れる者たちのもの+ また,その契約もである。彼らにそれを知らせるために+ ע [アイン] 15  わたしの目は絶えずエホバに向かう+ []がわたしの足を網から引き出されるからだ+ פ [ペー] 16  み顔をわたしに向け,わたしに恵みを示してください+ わたしは独りにされ*,苦しんでいるからです+ צ [ツァーデー] 17  わたしの心の苦難は増し加わりました+ わたしに加えられる圧迫から,どうかわたしを引き出してください+ ר [レーシュ]* 18  わたしの苦悩と難儀を見てください+ わたしのすべての罪を赦してください+ 19*  わたしの敵がどんなに多くなったかを見てください+ 彼らは激しい憎しみを抱いてわたしを憎みました+ ש [シーン] 20  わたしの魂を守り,わたしを救い出してください+ わたしが恥をかくことがありませんように。わたしはあなたのもとに避難したからです+ ת [ターウ] 21  忠誠と廉直がわたしを保護するものとなりますように+ わたしはあなたを待ち望んだからです+ 22  *よ,イスラエルをそのすべての苦難から請け戻してください+

脚注

マソ本ではこの詩は折り句<アクロスティック>,すなわちヘブライ語のアルファベット順に配列されている。
「わたしのよ」。ヘ語,エローハイ。マソ本のこの表現はこの節をもう一度アーレフで始めている。「あなたに」という語はヘブライ語の字母ベートで始まる。
四つのヘブライ語写本には,字母ワーウ(ו)が折り句<アクロスティック>の一部として出ている。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛の行為」。
「その契約」。ヘ語,ヴェリートー,詩編の中でこの語が最初に出て来る箇所; ギ語,ディアテーケーン; ラ語,テスターメントゥム。付録7ホ参照。
または,「真実さ; 真理」。
字義,「胤」。
または,「ただ一人で」。ギ語,モノゲネース,「独り」,ルカ 7:12; ルカ 8:42; ヨハ 3:16の場合と同じ語。
この折り句<アクロスティック>では,ツァーデーとレーシュの間に字母コーフが抜けている。
この節は,25編18節と同じく,ヘブライ語の字母レーシュで始まっており,折り句<アクロスティック>の中で『見ること』に二重の強調が置かれている。
「神」。ヘ語,エローヒーム。