詩編 22:1‐31

“夜明けの雌鹿*”の指揮者へ。ダビデの調べ。 22  わたしの,わたしの,なぜあなたはわたしをお捨てになったのですか*+[なぜ]わたしを救うことから,わたしが大声で叫ぶ言葉+[から]遠く離れて[おられるのですか*+]。   わたしの*よ,昼間わたしは呼びつづけます。ですが,あなたはお答えになりません+そして夜もです。わたしが沈黙することはありません+   しかし,あなたは聖なる方であり+イスラエルの賛美を住まいとされます+   わたしたちの父はあなたに依り頼みました+彼らは信頼し,あなたはいつも彼らを逃れさせてくださいました+   彼らはあなたに向かって叫び+,安全に逃れました+彼らはあなたに依り頼み,恥を受けませんでした+   しかし,わたしは虫です+。人間*ではありません。人びと*にとってはそしりであり,民にとっては卑しむべき者なのです+   わたしを見る者は皆わたしをあざ笑います+彼らは口を広く開け*,頭を振りつづけます+   「彼はエホバに身をゆだねたのだ*+。そのに逃れさせてもらえ+その方に救い出してもらえ。その方は彼を喜びとされたからだ+」。   あなたは[母の]腹からわたしを引き出された+わたしが母の乳房に抱かれていたときに,依り頼むようにさせたなのです+ 10  わたしは胎からあなたの上に投げ出されました+わたしが母の腹にいたときから,あなたはわたしの*でした+ 11  わたしから遠く離れないでください。苦難が近くに迫っており+ほかに助けてくださる方はだれもいないからです+ 12  多くの若い雄牛がわたしを取り囲み+バシャンの強力なものたちがわたしを取り巻きました+ 13  引き裂き,ほえたけるライオンのように+彼らはわたしに向かって口を開きました+ 14  わたしは水のように注ぎ出され+わたしの骨は皆はずれてしまいました+わたしの心はろうのようになり+わたしの内なる奥深い所で溶けてしまいました+ 15  わたしの力*は土器のかけらのように干からび+舌は歯ぐき*にくっついています+あなたは死の塵の中にわたしを置かれます+ 16  犬がわたしを取り囲み+悪を行なう者たちの集まりがわたしを囲い込みました+[彼らは]ライオンのようにわたしの手と足[に攻めかかります*+]。 17  わたしは自分の骨を全部数えることができます+彼ら自身が見つめ,わたしをじっと見ます+ 18  彼らはわたしの衣を彼らの間で配分し+わたしの衣服の上でくじを引きます+ 19  しかしあなたは,エホバよ,遠く離れないでください+わたしの力よ+,急いでわたしを助けに来てください+ 20  わたしの魂を剣から,わたしのただ一つの[魂*]を犬の手から+救い出してください+ 21  ライオンの口からわたしを救ってください+あなたはわたしに答えて,野牛の角から[救って]くださらなければなりません+ 22  わたしはあなたのみ名をわたしの兄弟たち+に告げ知らせ+会衆*の中であなたを賛美します+ 23  エホバを恐れる者たちよ,[]に賛美をささげよ+ヤコブのすべての胤よ,[]の栄光をたたえよ+イスラエルのすべての胤よ,恐れおののけ+ 24  []は苦しむ者の苦悩をさげすむことも+忌み嫌うこともされなかったからだ+[]はみ顔をその者から覆い隠されたこともなく+彼が助けを求めて叫ぶとき,聞いてくださったのである+ 25  大きな会衆の中にあってわたしの賛美はあなたから出ます+わたしは[]を恐れる者たちの前でわたしの誓約を果たします+ 26  柔和な者たちは食べて満ち足り+[]を求める者たちはエホバを賛美します+あなた方の心*が永久に生きつづけますように+ 27  地のすべての果ては思い出して,エホバに立ち返ります+そして,諸国民のすべての家族はあなたの前に身をかがめるのです+ 28  王権はエホバに属し+[]は諸国民を支配しておられるからです+ 29  地の肥えた者たちは皆,食べて,身をかがめます+塵に下る者は皆,そのみ前に体を折り曲げ+だれひとりとして自分の魂*を生き長らえさせる者はいません+ 30  胤*がこれに仕えます+エホバ*について[次の]世代に告げ知らされます+ 31  彼らは来て,生まれて来る民に[]の義について語ります+[]*が[これを]行なわれた,と+

脚注

「の雌鹿」。ヘ語,アイエレト。ダマジカの雌。
「わたしの,わたしの,なぜあなたはわたしをお捨てになったのですか」。ヘ語,エーリエーリー ラーマー アザヴターニー; シ語,アラーヒ アラーヒ レマーナー シェヴァクターニ。マタ 27:46,マル 15:34と比較。
「お捨てになったのですか。わたしの罪過の言葉はわたしの救いから遠く離れています」,七十訳,ウル訳。
「わたしの」。ヘ語,エローハイ,複数形。
「人間」。ヘ語,イーシュ。
字義,「地の人」(単),集合的に用いられている。ヘ語,アーダーム。
字義,「彼らは唇で引き離し」。または,「彼らは口を引き」。
または,「[自らを]エホバにゆだねよ」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「彼はエホバに望みを抱きました」。
「わたしの」。ヘ語,エーリー。
「わたしの上あご」,マソ本を訂正することにより。
または,「あご」。
「ライオンのように ― わたしの手と足」,マソ本; タル,「ライオンのようにわたしの手と足をかみます」; 七十訳,ウル訳,「彼らはわたしの手と足に穴をあけました(掘り抜きました)」。
字義,「わたしのただ一つのもの」,女性形。「わたしの魂」を指す。
「会衆」。ヘ語,カーハール; ギ語,エックレーシアス; ラ語,エックレーシアー。
「心」(単),マソ本。
「自分の」。ヘ語,ウェナフショー。付録4イ参照。
または,「子孫」。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「[神](彼)」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「エホバ」。