詩編 19:1‐14

指揮者へ。ダビデの調べ。 19  天は*の栄光を告げ知らせ+大空はみ手の業を語り告げている+   日は日に継いで言語をほとばしらせ+夜は夜に継いで知識を表わし示す+   言語もなく,言葉もなく,それらのものからは声が聞かれることもない+   その測り綱*は全地へ+その発言は産出的な地*の果てへと出て行った+そこに[]は太陽のために天幕を設けられた+   そして,それは婚姻の間から出て来るときの花婿のようだ+力ある者のように,歓喜して道筋を走る+   それは天の一方の果てから出て行き,巡って行くその[終わり]は[他の]果てである+その熱から覆い隠されるものは何もない+   エホバの律法+は完全で+,魂を連れ戻す+エホバの諭し+は信頼でき+,経験のない者を賢くする+   エホバから出る命令+は廉直で+,心を歓ばせる+エホバのおきて+は清く+,目を輝かせる+   エホバへの恐れ+は浄く,永久に立つ。エホバの司法上の定め+は真実*であり+,全く義にかなっていることが実証された+ 10  それらは金よりも*,いや,精錬された多くの金よりも*さらに願わしいものであり+蜜,それも蜜ばちの巣+から流れる蜜よりもなお甘い+ 11  また,あなたの僕はそれによって警告を受けました+それを守ることには大きな報いがあります+ 12  間違い ― だれが[それを]見分けることができるでしょうか+覆い隠されている罪からわたしが潔白であると宣告してください+ 13  また,せん越な行為*からあなたの僕をとどめてください+それにわたしを支配させないでください+そうすれば,わたしは全き者となり+多くの違犯から潔白な者としてとどまることでしょう。 14  わたしの+,わたしを請け戻してくださる方*+エホバよ,わたしの口のことばとわたしの心の黙想とが+,あなたのみ前に快いものとなりますように。

脚注

「神」。ヘ語,エール。
「その測り綱」。ヘ語,カウワーム; 七十訳,ウル訳,「音」; シリ訳,「おとずれ」。
「産出的な地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人の住む地」; ラ語,オルビス テッラエ,「地の円」。
字義,「真理」。
よりも」。ヘ語,ミッザーハーヴ
「いや,精錬された……よりも」。ヘ語,ウーミッパズ
または,「せん越な人々; せん越な者たち[男性形]」。
「わたしを請け戻してくださる方買い戻してくださる方)」。考えを拡張すると,「わたしのために復しゅうをしてくださる方正しさを立証してくださる方)」。ヘ語,ウェゴーアリー; ラ語,レデンプトルヨブ 19:25; 箴 23:11参照。