内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 18:1‐50

指揮者へ。エホバの僕ダビデによる。エホバがそのすべての敵のたなごころより,また*サウルの手より救い出してくださった日に,彼はこの歌の言葉をエホバに語った+。そしてこう言った。 18  わたしの力,エホバよ,わたしはあなたに愛情を抱きます*+   エホバはわたしの大岩,わたしのとりで,わたしを逃れさせてくださる方なのです+わたしの*はわたしの岩。わたしはそのもとに避難します*+わたしの盾,わたしの救いの角,わたしの堅固な高台+   わたしは賛美されるべきエホバを呼び求め+そして敵から救われる+   死の綱がわたしを取り巻き+どうしようもない[者たち]の*鉄砲水もまた,絶えずわたしを恐れおののかせた+   シェオルの綱がわたしを取り囲み+死のわながわたしに立ち向かった+   わたしは苦難の中にあってエホバを呼び求め,わたしの*に助けを求めて叫びつづけた+すると,その神殿からわたしの声をお聞きになり+み前で助けを求めるわたしの叫びが,ついにその耳に入った+   そして地は揺れ,激動しはじめ+山々の基も動揺し+[]がお怒りになったために,それは揺れ動くのであった+   煙がその鼻から立ち上り,その口から出る火がむさぼり食っていた+炭火がそのもとから燃え出た。   次いで,[]は天を押し曲げて,降りて来られた+濃い暗闇がその足の下にあった。 10  そして,[]はケルブに乗って飛んで来られ+霊の翼*に乗って突進して来られた+ 11  それから,闇をご自分の隠れ場とし+暗い水*,濃い雲をご自分の周りの仮小屋とされた+ 12  そのみ前の輝きからは,過ぎ行くその雲が+雹と燃える炭火が出ていた+ 13  そして,天でエホバは雷鳴をとどろかせはじめ+至高者ご自身がその声を+雹と燃える炭火とを出しはじめられた。 14  また,彼らを散らすためにご自分の矢を放ちつづけ+彼らを混乱に陥れるために稲妻を放ち出された+ 15  すると,水の川床が見えるようになり+産出的な地*の基があらわにされた+あなたの叱責により,エホバよ,あなたの鼻*の息*の突風によって*+ 16  []は高い所から送り出し*て,わたしを捕らえ+大水からわたしを引き出してゆかれた+ 17  []はわたしの強い敵から+わたしを憎む者たちから,わたしを救い出されるのであった。彼らはわたしよりも強かったからだ+ 18  彼らはわたしの災難の日に終始わたしに立ち向かった+しかしエホバはわたしの支えとなってくださった+ 19  次いで,[]はわたしを広々とした所に連れ出し+わたしを助け出してくださるのであった。わたしのことを喜ばれたからだ+ 20  エホバはわたしの義にしたがってわたしに報い+わたしの手の清さにしたがってわたしに報いてくださる+ 21  わたしはエホバの道を守り+よこしまになってわたしのから離れることをしなかったからだ+ 22  そのすべての司法上の定めはわたしの前にあり+その法令をわたしは自分から取り除くことをしないからだ+ 23  そして,わたしは[]に対しとがのない者であることを実証し+わたしは自分のとがから身を守る+ 24  それで,エホバがわたしの義にしたがい,その目の前におけるわたしの手の清さにしたがって+わたしに報いてくださるように+ 25  忠節な者*には,あなたは忠節をもって行動し*+とがのない,強健な者には,とがのない仕方で対処されます+ 26  [自らを]清く保つ者には,あなたはご自身を清い者として示し+曲がった者には,ご自身をねじけた者*として示されます+ 27  なぜなら,あなたは苦しんでいる*民を自ら救い+ごう慢な目を卑しめられるからです+ 28  エホバよ,それはあなたがわたしのともしびをともしてくださるからです+わたしの*ご自身がわたしの闇を輝かせてくださるのです+ 29  あなたによって,わたしは略奪隊に向かって走ることができ+わたしのによって,城壁をよじ登ることができるからです+ 30  [まことの]については,その道は完全であり+エホバ*のことばは精錬されたものである+ご自分のもとに避難するすべての者にとって,[]は盾である+ 31  エホバ*のほかにだれが*なのか+わたしたちの*を除いてだれが岩なのか+ 32  [まことの]は,わたしに活力を固く帯びさせてくださる+[]はわたしの道を全きものとしてくださり+ 33  わたしの足を雌鹿のようにし+わたしにとって高い所にわたしをずっと立たせてくださる+ 34  []は戦い*のためにわたしの手を教えておられ+わたしの腕は銅の弓を押し曲げた+ 35  そして,あなたはその救いの盾をわたしに下さり+あなたの右手がわたしを支え+あなたの謙遜さがわたしを大いなる者とする*のです+ 36  あなたはわたしの下に,わたしの歩みのために十分大きな場所を空けてくださいます+それで,わたしの足首は確かによろけることがありません+ 37  わたしは敵を追跡し,これに追いつき,彼らが滅ぼし絶やされるまでは帰りません+ 38  わたしは彼らを打ち砕いて,立ち上がれないようにします+彼らはわたしの足下に倒れます+ 39  そして,あなたは戦いのためにわたしに活力を帯びさせ,わたしに向かって立ち上がる者たちをわたしの下にくずおれさせます+ 40  そして,わたしの敵については,あなたは必ず[その]うなじをわたしに渡されます*+わたしを激しく憎む者たちについては,わたしは彼らを沈黙させます+ 41  彼らは助けを叫び求めるが,救う者はいない+エホバ*に向かって[叫ぶが],実際,彼らにお答えにならない+ 42  そして,わたしは彼らを風の前の塵のように細かく突き砕き+ちまたの泥のように彼らを注ぎ出す+ 43  あなたは民のとがめだてからわたしを逃れさせてくださいます+あなたはわたしを諸国民の頭に任命されます+わたしの知らなかった民 ― 彼らがわたしに仕えます+ 44  伝え聞いただけで彼らはわたしに従順になり+異国の者たち*もへつらいながらわたしのもとに来る+ 45  異国の者たちは衰えてゆき,その堡塁から震えながら出て来る+ 46  エホバ*は生きておられます+。わたしのがほめたたえられますように+わたしの救いのが高められるように+ 47  [まことの]はわたしのために復しゅうを行なわれる方であり+もろもろの民をわたしの下に従えられる+ 48  []は怒っている敵からいつもわたしを逃れさせてくださる+あなたは,わたしに向かって立ち上がる者たちの上にわたしを引き上げ+暴虐の者からわたしを救い出してくださいます+ 49  それゆえに,エホバよ,わたしは諸国民の中であなたをたたえ+あなたのみ名に調べを奏でるのです+ 50  []はご自分の王のために救いの大いなる働きを行ない+愛ある親切*をその油そそがれた者に*+ダビデとその胤*とに定めのない時に至るまで示しておられるのです+

脚注

または,「特に」。
または,「わたしはあなたを高めます」,マソ本を訂正することにより。
「わたしの」。ヘ語,エーリー。
または,「わたしの神は,わたしがそのもとに避難するわたしの岩」。
または,「全く役に立たない」。字義,「ベリアルの」。
「わたしの」。ヘ語,エローハイ。
または,「[七十訳,ウル訳は複数形]の翼」。ヘ語,カンフェー・ルーアハ
「暗い水」。字義,「水の闇」。
「産出的な地」。七十訳,「人の住む地」(マタ 24:14の場合と同じ語)。ラ語,オルビス テッラールム,「全地の円」。
または,「怒り」。
「の息」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマトス; ラ語,スピーリトゥース。創 1:2,「力」の脚注参照。
「の突風によって」。ヘ語,ミンニシュマト創 2:7では「息」。
「送り出し」。または,「伸ばし」,すなわち,手を差し出し。
または,「愛ある親切を抱いている者」。
または,「あなたは愛ある親切をもって行動し」。
「ねじけた者」,レスリングをする人が体をねじるように。ヘブライ語の語根動詞による。
または,「謙遜な」。
「わたしの」。ヘ語,エローハイ。
「エホバ」。ヘ語,エフワー; ギリシャ語写本アンブロシウス O 39 表題。付録1ハ§10参照。
付録1ハ§10参照。
「神」。ヘ語,エローアハ。エローヒームの単数形。ヨブ 3:4の脚注参照。
「わたしたちの」。ヘ語,エローヘーヌー。
または,「戦闘」。
または,「増大させる」。
すなわち,彼らをわたしの前から逃げ去らせる。
付録1ハ§10参照。
字義,「異(国)の子ら」。
付録1ハ§10参照。
「愛ある親切」。または,「忠節な愛」。
「その油そそがれた者に」。ヘ語,リムシーホー; ギ語,クリストーイ; シ語,ラムシーヘ; ラ語,クリストー
または,「子孫; 後裔」。