内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

詩編 147:1‐20

147  あなた方​は​ヤハ​を​賛美​せよ*+わたしたち​の​神​に​調べ​を​奏でる​の​は​良い​こと​だ​から​で​ある+それ​は​快い​こと​だ​から​で​ある ― 賛美​は​ふさわしい+   エホバ​は​エルサレム​を​建て​て​おら​れ+イスラエル​の​追い散らさ​れ​た​者​たち​を​集め​られる+   []は​心​の​打ち砕か​れ​た​者​+を​いやし+その​痛む​所​を​包ん​で​くださる+   []は​星​の​数​を​数え​て​おら​れ+その​すべて​を[各々​の]名​で​呼ば​れる+   わたしたち​の​主​*は​大いなる​方,力​に​満ち​て​おら​れる+その​理解​に​つい​て​は​語り尽くす​こと​が​でき​ない+   エホバ​は​柔和​な​者​たち​を​助け+邪悪​な​者​たち​を​地​に​卑しめ​て​おら​れる+   あなた方​は​感謝​の​ことば​を​もっ​て​エホバ​に​こたえ応じ+たて琴​を​もっ​て​わたしたち​の​神​に​調べ​を​奏でよ+   []は​天​を​雲​で​覆っ​て​おら​れる​+地​の​ため​に​雨​を​備え​られる​+山々​に​青草​を​生え出​させる​+   []は​獣​に,鳴き​つづける​幼い​渡りがらす​*+,食物​を​与え​て​おら​れる+ 10  []は​馬​の​力強さ​を​喜び​と​される​の​で​は​なく+人間​*の​脚​を​楽しみ​と​される​の​で​も​ない+ 11  エホバ​は,ご自分​を​恐れる​者​たち+ご自分​の​愛​ある​親切​を​待ち望む​者​たち​を​楽しみ​と​し​て​おら​れる+ 12  エルサレム​よ,エホバ​を​ほめよ+シオン​よ,あなた​の​神​を​賛美​せよ+ 13  []は​あなた​の​門​の​かんぬき​を​強固​に​され​た​から​で​ある。[]は​あなた​の​中​に​いる​あなた​の​子​ら​を​祝福​し​て​くださっ​た+ 14  []は​あなた​の​領地​に​平和​を​置い​て​おら​れ+小麦​の​脂肪​*を​もっ​て​いつも​あなた​を​満ち足ら​せ​て​くださる+ 15  []は​みことば​を​地​に​送っ​て​おら​れ+その​み言葉​は​速やか​に​走る。 16  []は​雪​を​羊毛​の​よう​に​与え​て​おら​れ+白霜​を​灰​の​よう​に​散らさ​れる+ 17  []は​その​氷​を​食物​の​小片​の​よう​に​投げ​て​おら​れる+だれ​が​その​寒さ​の​前​に​立ち​得る​だろ​う​か+ 18  []は​み言葉​を​送り出し​て+,それら​を​溶かす。その​風​*を​吹か​せる+水​は​滴る。 19  []は​み言葉​を​ヤコブ​に+その​規定​+と​司法​上​の​定め​を​イスラエル​に​告げ​て​おら​れる+ 20  []は​ほか​の​どの​国民​に​も​その​よう​に​は​なさら​なかっ​た+[その]司法​上​の​定め​に​つい​て​は,彼ら​は​これ​を​知ら​なかっ​た*+あなた方​は​ヤハ​を​賛美​せよ+

脚注

104:35の​脚注​参照。
「わたしたち​の​」。ヘ語,アドーネーヌー。アードーン​の​複数​形​で,卓越​を​表わし​て​おり,「大いなる(方)」および「満ち​て​おら​れる」と​いう​単数​形​の​形容詞​を​伴っ​て​いる。
「幼い​渡りがらす」。字義,「渡りがらす​の​子​ら」。
人間」。ヘ語,ハーイーシュ
または,「小麦​の​最良​の​部分」。
「その​」。ヘ語,ルーホー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス146:4,「霊」の​脚注; 創 1:2,「力」の​脚注​と​比較。
「ご自分​の​司法​上​の​定め​を​彼ら​に​知らさ​れ​なかっ​た」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳。