詩編 142:1‐7

マスキル*。ダビデによる。彼が洞くつにいたときに+。祈り。 142  わたしは声を上げて,エホバに助けを呼び求めるようになりました+わたしは声を上げて,エホバに恵みを叫び求めるようになりました+   わたしはそのみ前にいつも自分の気遣いを注ぎ出し+そのみ前に絶えず自分の苦難を言い表わしました+   わたしの霊+がわたしの内で衰え果てたときに。そのとき,あなたご自身わたしの行く道を知っておられました+わたしの歩く道筋に+彼らはわたしのためにわなの仕掛けを隠しました+   右の方に[目を]向けて,ご覧ください。わたしを認めてくれる者がだれもいないのを+わたしの逃げ場はわたしから滅びうせました+わたしの魂について尋ねてくれる者はだれもいません+   エホバよ,わたしはあなたに助けを呼び求めました+わたしは言いました,「あなたはわたしの避難所+生ける者の地+におけるわたしの受け分です+」と。   わたしの嘆願の叫びに注意を払ってください+わたしはすっかり弱り果てたからです+わたしを迫害する者からわたしを救い出してください+彼らはわたしよりも強いからです+   わたしの魂を牢の中から連れ出してください+あなたのみ名をたたえるために+わたしの周りに義にかなった者たちが集まるように+あなたはわたしをふさわしく扱ってくださるからです+

脚注

32:表題の脚注参照。